FC2ブログ
最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

広告

リンク
ランキング
DTIランカー
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示

女医~ななせの場合(1) 

「先生に校医として来ていただいてから、随分たちましたね」
「まだ二年半ですわ」
「あれ?そうでしたか。生徒たちがすっかり馴染んでいるものですから」
「私のような若輩者では力不足かと思いますが」
「いや、とんでもありません。生徒たちの評判もいいですし、何よりも女子校の校医の先生は女医の方でないと・・・最近はいろいろ危ない世の中ですから」
二学期開始早々行われた教職員の懇親会の席で、私は中等部の事務長と、そんな会話を交していた。
(別に、女医だから安心というわではないのよ・・・)

私立白雪女子学園は初等部から大学院まである大きな学校だが、初等部から高等部まではお嬢様学校としての格を保つために定員を少なくしている。その割には教職員の数が多い。バカ高い授業料がそれを可能にしていた。
私は、初等部から高等部までを受け持つ校医として学園に常駐していた。
贅沢な感じはするが、年頃の娘を持った親たちにとっては安心できる存在、ということらしい。
もちろん、それぞれの家庭には立派な主治医の先生がいらっしゃるので、私の出番はそれほど多くは無い。
健康診断や授業中に体調が悪くなった子の手当、体育の授業でケガをした子の応急処置といったところが、本来の仕事だが一時期を除いてさほど忙しくは無い。
そんな私の主なオシゴトと言えば・・・

「センセー、こんにちは」
放課後の常連の一人、中2のななせがやってきた。
外見はいかにも中学生という感じの子だが、こういう子に限って中味が早熟だったりする。
「こんにちは、紅茶入れていたの。飲む?」
「ありがとう」
いいものばかり口にしているお嬢様が多いから、紅茶の葉は一級品を使っている。
「ななせさん、どうしたの?彼氏のことで相談?」
「えっ、何でわかるんですか?」
この年頃の女の子が深刻そうな顔をしていたら、彼氏とのこと、それもセックスがらみのことに決まっています・・・

【その2へ続く】
スポンサーサイト
[PR]


[2008/12/29 06:00] 女医~ななせの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

女医~ななせの場合(2) 

ななせが心配そうに尋ねた。
「ねえ、先生。先生に相談したことって、親や教師には絶対に話さないんですよね?」
「そうよ。医者には守秘義務というものがあるから、絶対に秘密にしなければならないのよ」
未成年が相手なので、親に対して、という点は微妙なのだが、それには触れなかった。
ななせは安心した表情ではあったが、
「夏休みにカレシとエッチしたんですけど・・・」
と言い淀んだ。親や教師に話しにくいセックス関係の相談を受けているうちに、クチコミで広まり中等部や高等部の子がよく来るようになっていた。
「ななせさんのカレシは高校生?」
「ええ。高2です」
ななせは、しばらく紅茶を飲みながら逡巡していたが、ようやく私に話す気になったようだ。
「全然良くないんです、エッチしても」
やっぱり、と私は内心思った。
一人一人は、自分だけの個人的な悩みと思っているが、皆似たようなものなのだ。
「カレシはななせさんが初めてだったの?」
「そうです。私も」
中2の夏休みに初体験というのはイマドキの子なら結構ある。
「だったら会うたびにほとんどエッチばっかりじゃないの?」
「そうなんです」ななせは堰を切ったようにまくしたて始めた。
「会うとすぐラブホに行って、二人でシャワー浴びて、上がったらフェラチオさせられて、カレシのが元気になったら胸とアソコを少し触って、わたしが少し濡れてきたら入れてきて、すぐにオシマイ。
それで『気持ち良かったか』って聞くんです。
わたしもまさか『全然感じないよ』なんあて言えないから『気持ち良かったよ』って言ってあげるんだけど・・・」
そこまで言うと、さすがに恥ずかしくなったのか、ななせは目を伏せた。
(また、獲物がやって来たみたいね)
私はそっとほくそえんだ。

【その3へ続く】

[2008/12/30 06:00] 女医~ななせの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

女医~ななせの場合(3) 

「高校生の男の子では仕方無いわね。でも、ななせさんはもっとエッチを楽しみたいのでしょう」
ななせがコクリと肯いた。

ここで白雪女子学園中学の女の子たちの特殊なセックス観について話しておかないといけないだろう。
白雪の子は、ごく一部の例外を除いて非常に裕福な家庭の子ばかりである。
授業料だけでも、中学生の子供を持つ家庭の平均年収の約半分に匹敵するから普通の家庭では通わせることはできない。
しかし、そういう裕福な家庭に育つのが全てに渡って幸福かというとそうでもない。
子供が中学生ぐらいになった夫婦だと、いい加減夫婦仲も冷めてきている。
旦那は忙しいから家のことは疎かだし、金回りもいいから愛人と付き合っていることも多い。
元々、裕福な家同士の政略結婚的な結びつきが多いから、一層冷え切った家庭環境になっている。
一方で、今の子供たちは何事につけ彼女たちなりの損得勘定が優先する。
白雪の子は自分の恵まれた経済的な環境がどういうものか十分に認識している。
だから、自分が努力してキャリアを積もうと考えている子などはほとんどおらず、大半の子は中学・高校・大学と適当に遊んで、大学卒業と同時か2~3年OLの真似事をしたら、自分の家と同様に裕福な家の息子と結婚する、という人生設計を疑っていないし、そういう生き方がラクでトクであり、自分は「賢い」生き方を選択している、と思っている。
だから、愛とか恋とかに幻想を抱いていない代わりに、結婚前はセックスを楽しもうという気持ちが強い。
今は男の方も結婚相手に必ずしも処女を求めなくなっているからなおさらである。

ななせの場合もそうだろう。
今付き合っているカレシと結婚する可能性など考えてもいない。
本人も認めているように、ただセックスの快感を楽しみたいだけだ。
「ななせさんはまだエクスタシーを感じたこと無いの?」
ななせは黙ったまま頷いた。
「エクスタシーを感じるようになると、エッチって人生で最高の歓びだと思うようになるわよ」
ななせの目が輝いた。
(もう一息ね)
私はななせの肩に手を置いた。

【その4へ続く】

[2008/12/31 06:00] 女医~ななせの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

女医~ななせの場合(4) 

「ななせさんがエクスタシーを感じるのは、少なくとも今のカレシでは無理ね。
 それ以前に医者の立場から言うと、ななせさんは男のヒトのアレを受け入れるのはまだ少し早いの」
「・・・そうなんですか。でもわたしもう14歳ですよ」
「ええ、個人差の激しい世代だから年齢よりも体がどこまで成熟しているかの方が重要なの」
「・・・」
ななせは不満そうな表情を浮かべた。いよいよチャンスだ。
「まあ、校医としては薦めにくい方法ならあるけど」
「どんな方法ですか?」予想通り食いついて来た。
「ビアンよ」
「ビアンってレズですか?わたし、そういうのは・・・」
これも予想通りの反応だわ。
「そうでしょう。
 それに、レズって男とするよりもずっとずっと気持ち良くなるっていうから、普通のセックスでは満足できなくなってしまうらしいものね」
ななせが小さくゴクリと唾を飲みこむのが見えた。
「本当に・・・」
「それはそうよ。
 だって、男と違って射精すれば終りというわけではないから、イクまで続くでしょう。
 ううん、イッてもさらに続いちゃうんでしょうね。
 女同士だから、どこが感じるかもはっきりわかっているし。
 それに、妊娠や未成熟の膣を傷める危険性もないのも大きいわね。
 私としては、ななせさんにこんな話してレズにはまってしまったら困ってしまうわ」
「・・・でも、わたし、レズの人なんて知らないし・・・」
引っ掛かって来たわ。エッチを覚えたてで欲求不満の子が一番落としやすいのよね。
「それなら一度試してみる?
 私の知り合いにもいるから、嫌だったら、もう止めればいいし・・・」
「そうですね」
ななせは不安と期待が入り交じった表情をしていた。

【その5へ続く】

[2009/01/01 06:00] 女医~ななせの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

女医~ななせの場合(5) 

その週の終り、ななせは私の友人の家の前に来て玄関の呼び鈴を押した。
「来たわよ、あなたのカワイイ生徒さんが」
友人はインターホンの画面を見ながら言った。
「可愛がってやってね」
私は2階のパソコン部屋に行った。
そこでは、応接間とベッドルームに仕掛けたカメラでやり取りを見ることができた。
「いらっしゃい、ななせさん、お待ちしていたわ」
ななせは緊張した面持ちだった。
「お邪魔します」
友人は応接間にななせを通した。
応接間には友人のパートナーの女性がソファに腰掛けていた。
「いらっしゃい」
もう一人女性がいることが意外だったのか、ななせは口篭もった。
「こ、こんにちは」
緊張し切っているななせを座らせ、紅茶をすすめた。
友人は私と高校時代同級生であったことなど他愛も無い話をした。
ななせは曖昧に相槌をうつだけだった。
やがて自然な流れで話が友人とパートナーの関係に展開していった。
友人は自分が男女のセックスと女同士のレズ関係の両刀使いであることを赤裸々に語った。
やっと場の雰囲気に慣れてきたななせは率直な質問をした。
「男の人とするのと女の人とするのと、どちらがいいですか?」
友人はニッコリ笑うと、
「良く聞かれるけど、男性相手、女性相手、それぞれに良さがあるの。
 ただね、男性が相手の場合は余程お互いの相性が良くて、相手にそれなりのテクが無いとダメね。
 当れば大きいけど、あまり当らない、という感じかな。
 それに比べると、女性同士の方が当り外れは少ないし、とことん快感を追求できると言えばいいのかしら、そんな感じね」
と答えた。
ななせは興奮して来たのか頬をやや紅潮させた。
「もし、良かったらこれから試してみる?
 二人でななせちゃんに初めてのエクスタシーを感じさせてあげるわよ。
 無理強いはしないけど」
「いえ・・・」
ななせは小さく頷きOKした。

【その6へ続く】

[2009/01/02 06:00] 女医~ななせの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

女医~ななせの場合(6) 

「全て私たちに任せていいのよ」
ななせをベッドに横たえると、二人の女は中学2年生の少女の服を優しく脱がしていった。
少女らしいブラジャーとパンティーだけの姿にすると、二人の指先がななせの性感を探るように這い回った。
軽く目を閉じたななせの唇に軽くキスをし首筋に舌を這わせた。
ななせの太腿や脇腹を愛撫していた指が、やがて下着の上からななせの敏感な部分に触れた。
若い男の荒々しい前戯しか経験していないななせはうっとりと二人の熟練した愛撫に全てを委ねていた。
(直接触って欲しい・・・)
ななせがそう考えたのを見抜いたように下着が脱がされ、ななせは全てをさらけ出した。
(先生の言う通りだったわ・・・)
二人は既に、ななせ自身もはっきりと自覚できていなかった感じるポイントを的確に探り当てていた。
だからといって、そこばかり攻めていたのではない。
ある時は快感を高めるように、ある時は焦らすように、巧みにななせの性感をコントロールしていった。
二人の女たちの舌と指が代わる代わるななせのアソコとクリを愛撫した。
二人は互いに目配せすると、一気にななせの全ての性感帯を刺激した。
「イ、イク、イク、いっちゃうよぉー」
ななせはあっけなく初めてのエクスタシーを感じた。
女の性感は男の射精と違いピークから一気に醒めるものではない。
緩やかにその状態を保つ。
二人はそこを逃さずに、ななせがやや落ちついて来たタイミングを狙って再び絶頂へと押し上げた。
3度これを繰り返すと、もうななせは声をあげることもできなくなっていた。
「ななせちゃん、どう?良かった?」
ななせは肩で息をしたまま、最高の微笑を返した。

【その7へ続く】

[2009/01/03 06:00] 女医~ななせの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

女医~ななせの場合(7・完) 

「さて、そろそろいいかな」
私はパソコン部屋を出るとベッドルームに入っていった。
「どうだった?ななせさん」
「先生!」
ななせはベッドに横たわったまま、驚いた顔を私に向けた。
私はベッドに腰掛けていった。
「ななせさんが心配だったから来ていたの?どう?」
ななせは恥ずかしげにタオルケットで自分の体を隠しながら、
「最高でした。エッチって本当に気持ちのいいものだったんですね」
「そうよ。
 男の場合、射精すれば間違い無く快感を得られるけど、女性は必ずしもエクスタシーを感じることができるわけではないから、ななせさんはいい経験ができて本当に幸せなのよ」
「わたしもそう思います」
友人が聞いた。
「もう起き上がれる?」
「ええ、大丈夫です」
ななせが照れた表情で答えた。
「それじゃ、みんなでお風呂に入りましょう。
 この家は亡くなった私の祖父が建てたのだけど、大きな湯船があるのよ」
私を含めた4人が一緒に湯船につかった。
私はななせに尋ねた。
「ななせさん、正直に答えてね。
 こういうことは今日だけにしておく?
 それとも、またしたい?」
ななせは中学生らしい素直さではっきりと答えた。
「またしたいです」
「じゃあ、お風呂から上がったら先生とどうかしら?」
「えっ、先生も?」ななせは一瞬目を見張ったが、また即答した。「いいです、お願いします」
私は返事の代わりにななせのまだ閉じきっていない割れ目に指をあてた。
ななせは湯の中で小さく身震いした。
私はまた新しい獲物を手に入れることができたことを内心喜んでいた。

【完】

[2009/01/04 06:00] 女医~ななせの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)