FC2ブログ
最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

広告

リンク
ランキング
DTIランカー
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示

風呂~りかこの場合(1) 

「パパ、お風呂に入ろう」
夕食が終わると、いつものように一人娘の理香子が私に声をかけた。
理香子は12歳の中学一年生。小学校から妻の母校でもある私立白雪女子学園に通っている。
一人娘で育ったせいか甘えん坊だった。体の発育は比較的早い方なのだが、家にいる時の振るまいは子供っぽく小学生と変わらない。
赤ん坊の頃から理香子を風呂に入れるのは私の役目だった。
小学校低学年の時には、時折、
(いくつまで一緒に入ってくれるかな)
と思って少々淋しい気持ちになることもあった。
これが小学校高学年になり、徐々に理香子の体が少女の体になってくると、私の方が不安になってきて、妻に相談したりもした。
「なあ、理香子もそろそろ一人で風呂に入るようにさせた方がいいんじゃないかな」
妻はきょとんとした顔をした後、大笑いしながら言った。
「嫌ね、あなたったら。理香子はまだまだ子供なのだから、妙な気を使わなくてもいいわよ。私だって父親とは中学生になっても一緒にお風呂に入っていたのだから」
さばさばした性格の妻にそう言われてしまうと返す言葉も無く、そのままになってしまった。仕方が無いので、理香子が自分から言い出すまでは一緒に入ることにした。
「ねえ、早く入ろうよ」
妻の母親が入院したので、今晩妻は実家に行っており、理香子と二人きりだった。その分、淋しくならないように理香子はわざといつもよりはしゃいでいるような感じだった。
理香子の言葉に私は腰を上げた。
先に脱衣所に入った理香子が手早く服を脱いでいる。発育のいい理香子はもうBカップのブラをしている。私の目など全く気にもせずに白のブラジャーを外し、お揃いの白のパンティを下げた。
理香子のぴたりと閉じた割れ目が正面からはっきりと見えた。
(わぁ、たまらんな)
私のペニスは勃起した。

【その2へつづく】
スポンサーサイト
[PR]


[2009/01/05 06:00] 風呂~りかこの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

風呂~りかこの場合(2) 

(落ちつけ、中学生の娘の裸を見て勃起する奴があるか)
私は自分自身に言い聞かせた。
このところ理香子の裸を見るとつい勃起してしまうことがよくあった。
まさか妻にも言えず、理香子に見せるわけにもいかず、ごまかすのに苦労していた。
ゆっくりと時間をかけて服を脱ぐことでペニスがおとなしくなるのを待っていたが、ふと視界の中に理香子の脱ぎ立てのパンティが入ってきてしまい、再び勃起してしまった。
「パパ、まだぁ?」
扉越しに理香子の声がした。
「ああ」
やっと半勃ちになった股間にタオルをあてがい、バスルームに入った。
理香子は湯船につかりながら、あっけらかんとした顔でこちらを見ている。そういう表情は実に子供っぽい。
私は軽くお湯を体にかけて流すと、湯船に入った。
少々大きめのバスタブを入れていたので、二人ぐらいは悠々入れる。
「ねぇ、パパ」
理香子がいきなり立ち上がった。私の目の前に理香子の無毛の股間が現われた。私のペニスはまたまた勃起してしまった。
「この間、校外実習に行った時にみんなでお風呂に入ったんだけど、みんな結構ここに毛が生えているの。私、大丈夫かな?」
そうなのだ。発育のいい理香子だが、初潮も来ていないし、陰毛もまだだ。この時期はいろいろとアンバランスなのかもしれない。
「そういうことは結構個人差があるからね。心配しなくても大丈夫だよ。ママもそこの毛は薄いからね。遺伝もあるだろうからね」
「ふーん」
中学生は中学生なりに悩みごとがあるようだ。
「さあ、体を洗ってあげるから出なさい」
「ハーイ」
理香子は湯船を出ると椅子に座った。
勃起してしまったペニスをタオルで隠しながら、私はスポンジにボディーシャンプーを出した。白くどろっとしたボディーシャンプーから精液を連想しドキマギとしてしまった。

【その3へつづく】

[2009/01/06 06:00] 風呂~りかこの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

風呂~りかこの場合(3) 

少し開き気味の脚の間にははっきりと割れ目が見えていた。
私は視線を逸らすと、いつものように理香子の腕から洗い始めた。
腕の後は胸だ。腕を洗う時には多少力を入れてゴシゴシとするが、胸を洗う時には柔らかく優しく洗う。スポンジを使っているとはいえ、理香子の膨らみの感触が伝わってくる。
(おや?)
理香子のピンク色の乳首が立っているように思えた。
(まさか、そんなことはないだろう)
私はドキマギとしながら、ウエストのあたりを洗った。まだはっきりとしたくびれを感じさせる体ではなかったが、徐々に幼児体型から少女の体らしくなっていた。
次は脚を洗った。理香子は「もっと細くなりたい」と口グセのように言っているが、男の目から見ると今ぐらいの肉付きの方がミニスカートをはいた時に魅力的に見えていい。
さあ、次が股間だ。中学生になった娘の股間を洗うというのもまずい話なのだが、幼い頃から続けて来たことを急に変えるのも逆におかしな感じがしてしまい、ついずるずると続けていた。
(もう、父親に触れられるのを嫌がる年頃なのに)
理香子の体がビクとした。どこか感じるポイントに触れてしまったのだろうか。私が恐る恐る理香子の表情を伺うと、理香子は恥らったような表情を浮かべすっと視線を逸らせた。
(ま、まずいな、これは)
ペニスがまた勃起した。それでも私は平然とした表情を装って言った。
「さあ、理香子、立って」
理香子は立ち上がると後ろを向き、脚を少し広げた。
私は中腰になって理香子の背中からお尻を洗った。
最後は肛門のところだった。幼い頃から洗う時の習慣でここを洗う時は少し力を入れてしまう。
また理香子の体がビクンとした。
(ま、まさか、感じているのか)
私はうろたえながら、
「じゃ、じゃあ、石鹸を流すから」
理香子の全身にシャワーをかけた。理香子と私は再び湯船につかった。
(今晩は何か妙だな、早くあがろう)
ふとそんなことを考えていた瞬間だった。
理香子の手が私の勃起していたペニスをつかんだ。

【その4へつづく】

[2009/01/07 06:00] 風呂~りかこの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

風呂~りかこの場合(4) 

「お、おい、理香子、は、離しなさい」
ペニスをギュッと握られ、私はあわてた。
「パパ、おとなしくして。そうしないと、ママに言っちゃうわよ。『パパがお風呂で私の裸を見てオチンチンを大きくして触って来たって』」
「バ、バカなこと言うな」
「パパ、私知っているのよ。最近、お風呂に一緒に入るといつもオチンチン大きくしていたでしょう」
「・・・」その通りだった。
「興奮していたんでしょ」
「・・・」図星だ。
「ママには黙っていてあげるから、パパ、お願い聞いて」
「何でも聞いてあげるから、手を放しなさい」
理香子は私と話している間もずっとお湯の中で私のペニスをしごいていた。私のペニスは一層元気よくなってしまっていた。
「ダメ、ちゃんと約束してくれるまでは放してあげない」
「なんなんだい、お願いって?」
「・・・パパ、お願い、理香子とエッチして」
「えっ・・・」
私は絶句した。
理香子は顔を赤らめながら言った。
「お友達の中に聞いたの、エッチするとすごく気持ちいいって。でも、最初はすごく痛いって言っていたからパパに優しく初体験させて欲しいの」
私は頭が真っ白になってしまった。
「パパのこと大好きだから、ファーストキスもバージンもあげるよ」
理香子はそう言うと私に抱きついてきてキスをしてきた。
「い、いいのか、理香子」
私はもう理性を失っていた。
「うん」
私は理香子を抱き上げると、理香子の部屋に向かった。

【その5へつづく】

[2009/01/08 06:00] 風呂~りかこの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

風呂~りかこの場合(5) 

私は理香子をベッドに寝かせた。
「パパ、慌てないで、体を拭いてあげるから、待って」
私は愛娘の処女を奪うという最高の快楽と最高の罪悪感を伴った行為を前にひどく興奮していた。ペニスは極限まで膨張し切っていた。
むしろ理香子の方が落ちついているようだった。処女を失おうとしているのに冷静なのは、私を信頼しているからだろうか。
理香子はバスタオルで私の体を拭いていた。私はその間も理香子の胸や乳首や尻や股間を無遠慮に揉みしだいていた。自分が冷静になってしまうのが怖かった。
理香子は私の愛撫にもずっと微笑を浮かべていた。
最後に猛ったペニスから水滴を拭うと、仁王立ちになっている私の前にひざまづきフェラチオを始めた。
「お、おい、理香子」
理香子はにっこりと笑いながら言った。
「お友達の家でビデオを見たの。初めてだからうまくできないかもしれないけど・・・パパ、理香子のお口に出していいよ、精子をゴックンしてあげるよ」
私はなすすべもなくペニスを理香子の唇に委ねた。理香子のフェラは、ビデオで覚えたせいか、初めての割にはいろいろなテクニックで私のペニスを刺激した。
興奮し切っていた私のペニスはひとたまりもなかった。
「り、理香子、出る、出るよ」
私の声にも理香子はペニスを咥えたままだった。
「あ、あ、あ」
私は思いっきり精液を理香子の口の中に放出した。理香子は何のためらいもなく私の精液を呑み下した。そして、そのまま射精直後で敏感になっている亀頭を舌で愛撫してくれた。
「う、うう」
やっと理香子の唇からペニスが解放された。
「どうだった、パパ?」
「最高だったよ」
これは正直な気持ちだった。いままで生きてきた中で最高の快感だった。
「じゃあ、今度はパパが理香子を・・・お願いね」
理香子は、自らの12歳の少女の体をベッドに横たえた。
私のペニスは既に回復していた。

【その6へつづく】

[2009/01/09 06:00] 風呂~りかこの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

風呂~りかこの場合(6) 

私は娘の体の上に静かに覆い被さっていった。
「理香子、怖くないか?」
「平気よ、パパ。パパなら優しくエッチしてくれるでしょう。最初は痛いのわかっているから心配しないで」
(これでは、どちらが親かわからないな)
私は理香子にキスをした。今度は遠慮無く舌を入れた。理香子はとまどったようだが、すぐに応じて来た。
私は胸を優しく揉みながら舌で乳首を転がした。
「アッ、アッ、アン」
処女とのセックスの経験が無かった私には、理香子がどんな反応を示すのかわからなかったが、少なくとも妻よりも敏感に反応していた。
私が愛撫を加えるたびに理香子の体はのけぞった。子供だとばっかり思っていた理香子が一人前の女のように乱れるのは複雑な気分だった。
(これだけ反応するのなら、もうココはしっかり濡れているだろう)
私は理香子の性器に触れてみた。もうそこはビショビショになっていた。思わず、
「処女でも、こんなに濡れるんだね」
と呟いてしまった。
理香子は呼吸を荒くしながら、
「ウン、中学生になってから、毎日オナニーしていたから」
と言った。中学一年生の女の子がオナニーするのが一般に早過ぎるのかどうか、私には見当もつかなかったが、ただ自分の一人娘の口から「オナニー」という言葉が出たことには驚かされ、そして・・・ひどく興奮させられた。
私の中に理香子の口からもっといやらしい言葉を出させたいという気持ちが生じた。
「理香子、オナニーしてイッたことはあるのかい」
「ウウン、まだ無いの、お友達の中にはイッたことのある子もいるけど、私はまだ」
「よーし、じゃあ、パパがイカせてあげるよ」
「・・・ウン」
理香子は恥じらいを含んだ声で答えた。
私は理香子の体をうつ伏せにすると指に理香子自身の愛液をまぶし、理香子の肛門に触れた。
理香子は驚いて起き上がろうとしたが、私が理香子の下半身の上に乗っているので、振り返るのがやっとだった。
「パパ、そこは・・・」
「いつも、理香子の体を洗ってあげると、一番感じていたのはココ、お尻の穴だったろう」
理香子は黙ったまま下を向いてしまった。これでは認めたのも同じだ。部屋が暗くてはっきりわからなかったが、恐らく理香子は恥ずかしさのあまり真っ赤になっていただろう。
私は尻の穴の襞をほぐしながら、
「理香子はオナニーの時にここにはさわらないのか?」
「・・・ウン」
理香子は消え入りそうな声で答えた。可愛らしいお尻をモジモジさせてはいたが、私の指から逃げようとはしていなかった。

【その7へつづく】

[2009/01/10 06:00] 風呂~りかこの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

風呂~りかこの場合(7) 

「パパ、なんか変な気持ちになってきちゃった」
理香子は快感に身を委ね始めていた。
私は、理香子を風呂に入れながら、何百回も理香子の肛門を洗ってやった。その時に何度か「ここに指を、いやペニスを入れてみたい」という気持ちになったことがあった。その時には、あわてて自分のそんな邪な思いを振り捨てたが、今はそれが現実のものとなっていた。
さっきは理香子のフェラチオに翻弄されてしまったが、今度は私が理香子を思いのままに操る番だった。
理香子はアナルをいじられるのは初めてだったから、指を少しだけ挿入するのがやっとだった。それでも理香子は体を震わせあえぎ声を出し続けた。
「パパ、パパ、もうダメ、わたし、変なの、ああ、ダメ」
もう自分でも何を言っているのかわからないようだった。
私は理香子を絶頂に押し上げるため、理香子の肛門を舐めた。理香子は今までと違う感触に痙攣を起こしたようになってしまい、もはや声も出せなかった。両手でシーツを強く握り締め、体を硬直させた。私は舌を理香子の肛門に突き入れた。よく洗ったとはいえ、僅かな苦味があった。
その瞬間、理香子は「パパ、いっちゃうよ」と叫びながら体をのけぞらせた。
私はまず理香子をイカせたことに満足した。だが、まだ理香子の羞恥に悶える姿を見たかった。ベッドにあるスタンドをつけると、うつ伏せのまま肩で息をしている理香子の体を仰向けにした。
理香子は明かりがついていて自分のびしょ濡れのアソコが露わになっているのに気付くと、
「恥ずかしい、パパ」
と言った。
「今まで散々パパに裸を見せてきたくせに何を言っているんだ」
そう言いながら、私は理香子の手を取ると、シーツのさっきまで理香子のアソコがあたっていた付近に触れさせた。
「ほあ、シーツがびっしょりになっているだろう。理香子は本当にエッチだな」
「違うもん、パパがあんなことするからよ」
「あんなことって?」
「・・・知らない」
恥じらいを見せる理香子の表情を楽しみながら、私は理香子の股間に触れていた。アナルを責められながら、クリトリスをシーツに押し付けていたようで、もうクリトリスもしっかり顔を出していた。
「これが、理香子のクリちゃんか」
「アッ」
イッたばかりの体は素直に反応した。
「今度はこっちだ」
私は指と舌で理香子のクリトリスを責めた。理香子は続けざまにイッた。
「パパ、もうダメ、アーン」
理香子は何度も絶頂に達していた。

【その8へつづく】

[2009/01/11 06:00] 風呂~りかこの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

風呂~りかこの場合(8・完) 

「パパ、本当にもうダメ」
理香子は何度目かのピークの後、私に許しを求めてきた。処女の体で続けざまにイッてしまっていたら、もう体がもたないだろう。
私はいよいよ最後の一線を越えることにした。
「よし、じゃあ、最後に理香子の処女をもらうよ」
理香子がビクッとした。
「パパ、痛いの我慢するけど、なるべく痛くしないでね」
恐らく理香子は友達から初体験が相当に痛かったと聞かされているのだろう。ちょっといじらしくは感じたが、緊張されると困る。
「大丈夫だよ、パパのこと信用しなさい。お尻の穴とクリトリスでしっかりと気持ちよくさせてあげただろう」
「・・・パパのバカ」
そう言いながら理香子が微笑んだ。
私は理香子をリラックスさせるために、また唇を重ねた。キスに慣れてきた理香子は舌を絡めてきた。
私はその間に理香子の狭いアソコに指を入れていた。処女とのセックスの経験の無い私はどうするのが最良の方法かわからなかったが、ペニスを挿入する前に、トロトロになっているアソコに指を入れ道をつけた方がいいかと思ったのだ。
濡れそぼっている理香子のアソコは途中までは私の指をすんなりと受け入れたが、途中から狭くなり、処女膜が行く手をさえぎった。
「ウ、ウン」
「痛いか?」
「ちょっぴり、でも大丈夫だよ」
私は優しく、しかし一方では苦痛を長引かせないように一気に、指を挿入した。
理香子は体を仰け反らせたが、軽い痛み程度だったようだ。ホッとした顔で、
「パパ、指入れても大丈夫みたい、ねえ、これ入れて」
そう言いながらペニスを握った。
理香子との刺激的なプレイの中で何度か暴発しそうになっていたペニスを理香子のアソコにあてがうと一気に押し込んだ。
「ウ、ウウ」
「理香子、大丈夫か」
「大丈夫よ、理香子の中にパパのオチンチンが入っているの、わかるよ」
そう言いながら微笑む理香子を抱きしめ、私は理香子の中に射精した。まだ初潮を迎えていない理香子は妊娠の心配が無い。幼い膣の中に思いっきり精液を浴びせた。理香子もそれを感じ取ったらしい。
「パパの精子、理香子の中に出ているよ、ああ」
と叫んでいた。

全てが終わった。いや、全てが始まったのかもしれない。
心地よい疲労感を感じながら、ベッドの中で私と理香子は強く抱きしめ合った。
「理香子、明日の朝、起きたら今度はお風呂場でしようか」
「・・・パパのエッチ・・・」
「嫌なのか?」
「ウウン・・・」
明日が楽しみだ。

【完】

[2009/01/12 06:00] 風呂~りかこの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)