FC2ブログ
最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

広告

リンク
ランキング
DTIランカー
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示

従兄~かすみの場合(1) 

バレンタインデーの当日になった。
かすみにとっては待ちに待った日であったが、いざ当日となると、普段は人一倍おしゃべりなかすみでさえ、不安と緊張で喉がカラカラになっていた。
かといって、目の前のコーヒーに手をつける気にもならず、ただじっと待っていた。
「やあ、かすみちゃん、待たせたね」
「ううん、私が早く着き過ぎただけだから」
その通りだった。約束の時間には、まだ十分あった。
かすみが三十分も前に来ていただけのことだった。
従兄(いとこ)が向かい側に座った。

かすみは大事な告白の場所がファーストフードであることを、今更ながら後悔していた。
しかし、制服を着た中学三年生が待ち合わせに使える店はそう多くない。
「はい、これ、プレゼント」
有名店で買った超高級チョコレートを従兄に差し出した。
「ありがとう」
いつもクールな従兄は優しい微笑を浮かべ、チョコを受け取った。
女の子から「二月十四日に会いたい」というメールが来れば、バレンタインのチョコに決まっている。
従兄は何も驚いた様子はない。
従兄も大学三年生だ。おそらく大学でもたくさんチョコをもらっているに違いない。
かすみは従兄にはっきり言わなければならなかった。
「あのぉ、お兄様」
一人っ子のかすみは幼い時から従兄のことを「お兄様」と呼んでいた。
「ん?なんだい、かすみちゃん?」
「このチョコ、本気なんです。付き合って下さい」
かすみはまともに従兄の顔を見られなかった。
沈黙が続いた。その沈黙に耐えきれなくなったかすみが上目使いで従兄を見ると、いつも冷静な従兄が珍しく少し困惑しているようだった。
「かすみちゃん、本当に本気なのか?」

かすみは自分の思いをはっきりと伝えたかったが、うまく言葉にすることもできず、従兄の目を見ながら頷くのが、やっとだった。
「ここではなんだから、続きは僕の部屋で話そうか」
「はい」

【その2へ続く】
スポンサーサイト
[PR]


[2009/02/26 06:00] 従兄~かすみの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

従兄~かすみの場合(2) 

従兄の部屋はすぐ近くにある。

かすみの父と従兄の母は兄妹だ。
二人の父親たちは、祖父がオーナー会長をつとめる大企業の役員である。
従兄も大学卒業後はグループ企業の一つに入社することが決まっている。
従兄の両親は海外に赴任しており、従兄は大学の近くにワンルームマンションを借りていた。

「さあ、どうぞ」
従兄の部屋には以前母と一緒に来たことがあったが、一人で来るのは初めてだった。
この部屋に来るまでの十分ほどの間、二人は何も言葉を交していなかった。
かすみは従兄がどういう返事をしてくれるのかわからなかった。
あっさり拒絶されそうな気がする一方で、かすみの気持ちを受け入れてくれてファーストキスをしてもらえるのでは無いか、という淡い期待感もあった。
「コーヒーでいいかな」
「はい」
従兄がコーヒーに口をつけたのを見て、かすみも一口飲んだが、緊張し過ぎているせいか、コーヒーの味など全くわからなかった。
「さて」
いよいよ従兄が告白の返事をくれる。かすみは身構えた。
「結論から言うよ。僕はかすみちゃんのことが大好きだ。
 だが、まだかすみちゃんは子供だ。だから付き合えない。それが僕の返事だ」
「・・・付き合っている人がいるんですか?」
「今はいない。先月別れたばかりだ」
かすみは少しだけホッとした。
「だったら、付き合って!私、お兄様が思っているほど子供じゃありません!」
お嬢様育ちのせいで多少わがままで負けず嫌いのかすみは、憧れの従兄から子供扱いされるのはたまらなかった。
「かすみちゃん、まだ処女だろう。僕も健康な男だ。付き合う相手にはセックスを求める。かすみちゃんでは僕を満足させられない」
従兄はズバリと核心に踏み込んできた。
だが、かすみにはそれなりの覚悟ができていた。
今日だってもし従兄から求められてもいいように、かすみなりの勝負下着を着けてきていた。
「確かにキスもしたことの無い処女で何も知らないけど、お兄様が望むことなら、かすみは何でもします」
従兄はかすみを見詰めながら言った。
「言葉なら何とでも言える。本当にそれだけ僕のことを思っているかどうか試す。
 もし、かすみが僕を満足させることができたら、かすみと付き合う。
 もちろん、将来を前提としてだ。いいね?」
かすみの顔が輝いた。まさかそこまで言ってくれるとは、さすがのかすみも考えていなかった。
「はい。私、お兄様の言うことなら何でもききます」
従兄の口元が妖しく歪んだ。
「では、手始めにフェラチオをしてもらおうか?」
(えっ・・・)

【その3へ続く】

[2009/02/27 06:00] 従兄~かすみの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

従兄~かすみの場合(3) 

かすみは自分の耳を疑った。
かすみも十五歳になっていたから、おぼろげながらセックスの知識はある。
「フェラチオ」が何を意味するのかは知っていた。
だが、まだ処女の自分にフェラチオを要求するだろうか。
頭の回転の速いかすみは、
(これはお兄様が私に与えた『試練』ね)
と、考えた。
つまり無理難題を吹っかけてあきらめさせようとしているのだと思ったのだ。
「セックスというのはかすみが考えているようなキレイなものじゃない。
 もっとナマナマしいものなんだ。わかったら、お帰り」
そう言われたかすみは精一杯の虚勢を張り笑顔を浮かべながら、従兄の前に膝まづくと震える手でファスナーを下ろした。
驚いたことに従兄の肉棒は既に勃起していた。かすみにも、その意味はわかっていた。
(お兄様は私のことを欲しがっているんだわ)
かすみはトランクスのボタンを外すと、肉棒を取り出して握り締めた。
従兄の顔を見上げると、いつも通りの平然とした顔をしていた。
(こんなに興奮しているのに、そんな顔して)
かすみは従兄のポーカーフェイスが小憎らしくなった。
思い切って口の中に肉棒を含むとアイスキャンディーのように舐め始めた。
かすみは従兄の表情が変わるほどの快感を与えてやりたかった。
だが、かすみには何のテクニックも無い。
そのうちに従兄の手が伸びてきて制服の上からかすみの胸をやさしく揉んだ。
そして、従兄の脚は目の間にひざまづいているかすみの制服のミニスカートの中に侵入し、パンティーの上からかすみのクリトリスを刺激した。
ツボを心得た刺激に、オナニーもしたことのないかすみは生まれて初めての性感を感じた。
「アア」
あまりの快感に、フェラチオを続けることができなくなってしまい声をあげた。
再び、従兄の顔を見上げると、依然として平然とした顔をしていた。
「ごめんなさい」
かすみは思わず頭を下げた。未熟といわれても仕方の無い振る舞いだった。
かすみは涙声で言った。
「私、お兄様のこと大好きなんです。
 だから、かすみにお兄様を満足させるためにどうすればいいのか教えて下さい。お願いします」
「わかった。今日のところは僕がかすみにサービスしてあげるよ」
従兄はベッドにかすみを寝かせた。

【その4へ続く】

[2009/02/28 06:00] 従兄~かすみの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

従兄~かすみの場合(4) 

従兄はかすみの制服と下着を脱がせた。
一糸まとわぬ姿にされたかすみは、ただただ従兄の一方的な愛撫に身を委ねるだけだった。
従兄の舌と指による巧みな愛撫は、処女の狭き門を潤わせた。
かすみは初めての前戯にも関わらず、軽いアクメを感じるほどだった。
そしていよいよ、さっきはかすみの稚拙なフェラチオでは満足させられなかった肉棒がかすみの蜜口にあてがわれた。

(はあ、痛かった。でも良かった、お兄様に抱いてもらえて)
かすみは破瓜の痛みでこぼれた涙を拭いながら、ベッドに横たわったままだった。
従兄は処女のかすみの体を容赦なく突きまくった。
苦痛に耐えるかすみを三度にわたって犯した。
従兄が優しくキスをいてくれた。
かすみにとっては正真正銘のファーストキスだった。
(フェラチオ、セックス、キス、か。順番が滅茶苦茶ね)
思わぬ形の初体験だったが、かすみは満足だった。
「かすみ、これからは毎日学校が終わったら必ずここに来るんだぞ。
 俺好みの女になれるようにしっかり『調教』してやる」
かすみはいつものクールな従兄とは雰囲気が違っていたが、お嬢様育ちで周囲からはチヤホヤされてばかりのかすみは、こんな風に服従を求められるのは新鮮で魅力的だった。
さっきの三回に及ぶ激しいセックスも苦痛こそあったものの、
(犯されてしまった、という感じ。恥ずかしいけど、良かった)
と内心では思っていた。
かすみはこれからの従兄の『調教』のことを考えると、割れ目から愛液が滲み出してくるのを感じていた。

【その5へ続く】

[2009/03/01 06:00] 従兄~かすみの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

従兄~かすみの場合(5・完) 

それからの従兄の『調教』はハードなものだった。
その次の日に会った時には下の毛を剃毛された。
その後も、目の前で放尿をさせられたり、浣腸をされたりした。
アナルヴァージンも当然のように奪われた。
フェラチオやセックスのテクニックも厳しく仕込まれた。
下着も大人しいものを着けていくと罰としてスパンキングをされてしまうので、セクシーランジェリーに変っていった。
時には下着を着けずに二人で外出することもあったが、従兄の命令で露出することも厭わなかった。
あまりの恥ずかしさやつらさに涙をこぼしたこともあったが、いつも別れ際に従兄がしてくれる優しいキスで癒されていた。

あのバレンタインデーから一ヵ月ほど過ぎた。
負けん気の強いかすみは、従兄の調教に耐え、今では従兄と同時に絶頂に達することができるようになっていた。
ビデオを見せられて勉強させられたフェラチオのテクニックも一級品になっていた。
なによりも、従兄の、時には理不尽とも思えるような、ハレンチな要求を何でも受け入れられるようになっていた。
今日は中等部の卒業式だった。
事情があって転校するごく僅かの子を除けば、全員高等部に進学するわけだし、校舎も隣り合っている高等部に移るだけで、先生の何割かは今後も引き続き教鞭をとるので、普通の卒業式のようなお別れムードに乏しかった。
むしろ両親の方が娘の成長の節目に感激しているような感じだった。
従兄もかすみの両親とともに出席していた。
「かすみちゃん、卒業おめでとう。四月からは高校生だね」
「お兄様、ありがとうございます」
みるからに清楚な女子中学生といった雰囲気のかすみは、両親の前で従兄と何食わぬ顔で会話をしていた。
かすみの父親も上機嫌だった。
「女の子の成長は早いからな。
 もうあと何年もすると、嫁にやらなければならなくなるな・・・
 そうだ、君らが結婚してウチに婿入りしてくれれば一番いいな」
「あなたったら」
両親は笑いながらそう言った。
冗談めかしてはいるが、一族にとっては望ましい選択肢だということは、その場の四人ともわかっていた。
「そろそろ式が始まるから。お父様、お母様、お兄様、また後でね」
「ああ」
かすみの両親は知らなかった。
かすみの膣には先程校舎の裏手で射精した精液が残っていることを。
そして、無毛にされた割れ目からリモコン式のローターを胎内に入れられていることを。
だが、かすみにとって一番心配だったのは、浣腸液を注ぎ込まれた大腸がどこまで持つか、ということだった。
(アナルストッパーをしているから漏らすことはないけど、式が終わるまでもつかしら。
 お兄様の前で排泄するまで我慢しないとまたお仕置きされてしまうわ・・・
 でも、お仕置きはお仕置きでいいけれど・・・)
さっき仕込まれたローターが静かにかすみの膣の中でうごめき始めた。
(ああ、最高。私、お兄様の『調教』を受けられて本当に幸せ・・・)

【完】

[2009/03/02 06:00] 従兄~かすみの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)