FC2ブログ
最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

広告

リンク
ランキング
DTIランカー
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示

痴女~ちあきの場合(1) 

(ウフッ、もう大きくなっているわ)
ちあきはいつものように左手を後ろに回すと、指先を男の子のズボンのファスナーのあたりに這わせた。
男の子はちあきの制服のミニスカートの上から、ちあきの中学3年生らしいこぶりなヒップを撫で回していた。
処女のちあきは、ペニスを見たこともない。
当然どう触ったら良いのかわからない。
それでも何度かやっているうちに、ペニスのどこを触れば早く大きく硬くなるのかわかってきた。
中学1年生の男の子のペニスをもてあそんでいると、ミニスカートの中に男の子の手が入ってきた。
(きた、きた)
男の子の指先がちあきのパンティのクロッチに触れた時には、もうそこは湿っていた。

ちあきがこの男の子から初めて痴漢をされたのは一週間前だった。
ちあきは、以前から朝同じ電車に乗る小柄な中学生の男の子が、自分の方をチラチラ見ているのに気付いていた。
だが、美少女が多いことで知られる私立白雪女子学園中学でもトップクラスに入るちあきは、男性から見つめられることに慣れていたから、別に自分から何かすることは無かった。
一週間前、たまたま事故の影響でちあきと男の子が乗る電車が遅れいつもにも増して混雑していた。
ギューギュー詰めの車内でドアに押し付けられたちあきのヒップに手の甲があたった。
ちあきのように小学生の頃から電車で通学し、痴漢慣れしている美少女にはそれが偶然ではないことを見抜いていた。
痴漢からすれば様子うかがいのノックみたいなものだ。
ここで、体をずらしたり、手で払ったり、相手の顔を睨みつけ拒否の姿勢を示せば、ほとんどの痴漢はそれ以上深追いして来ない。
ちあきは痴漢を睨みつけようとして、ドアのガラスで後ろに立つ痴漢の顔を確認した。
そこに映っていたのは例の男の子だった。
不安そうな顔でうつむき加減だった。
視線はおそらく自分の手の甲をあてているちあきのヒップを注視しているのだろう。
ちあきの中に悪戯心が芽生えた。

【その2へ続く】
スポンサーサイト
[PR]


[2009/03/08 06:00] 痴女~ちあきの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

痴女~ちあきの場合(2) 

元々女王様キャラのちあきは、この男の子をからかいたくなった。
わざと痴漢をさせた上でつかまえたらどんな顔をするか見てみよう、と考えたのだ。
ちあきは、男の子が手の甲を一層強く押し付けてきたが、そのままされるがままになっていた。
そんなちあきの姿を見て、いよいよ男の子は手の平でスカートの上からちあきのヒップを撫で始めた。
あまりにもオズオズとした触り方なので、ちあきは不快感よりくすぐったさを感じた。
ヒップに触れてもちあきが拒否しないので、男の子はやっと大胆になった。
両手でちあきの尻たぶを揉んだ。
さすがにここまで来ると、ちあきも内心「ちょっと待ってよ」と思わざるを得なかったが、男の子の痴漢行為はさらにエスカレートした。
スカートの中に手を入れてくると、ちあきのパンティに触れてきた。
さらに、ちあきより小柄なためか、手を伸ばすとちあきの脚の間から容易に股間に触れることができた。
(ダ、ダメよ、そんなところ触っちゃ・・・)
キスの経験しか無いちあきにとっては、下着越しとはいえ男の指がアソコに触れるのは初めてのことだった。
おそらく男の子も初めて女性器に触れたはずだったが、闇雲に動かす指がちあきの性感を刺激した。
(ああ、イヤ、濡れてきちゃった・・・)
早熟なちあきは週に何回かオナニーをしてアソコを濡らしている。
自分がその時と同じような状態であることを感じていた。
それだけでは無かった。指をあてがいながら体を密着させて来た男の子の硬くなったペニスが自分の尻に押し付けられていた。
(どうしよう)
そう思った時に、小さな駅に停車し、ちあきの前のドアが開いた。
ちあきはホームに降り立ち振り返ると、黙って男の子の手を引いた。
男の子は虚を突かれ抵抗する間もなくホームに降ろされた。
短い停車時間で電車が走って行くと、ちあきは男の子の手をつかんでホームのベンチに連れていった。
並んで座ると、男の子は泣き出しそうな顔で、
「ごめんなさい・・・」
と謝った。
ちあきは中学3年生とはとても思えない妖しい微笑みを浮かべた。

【その3へ続く】

[2009/03/09 06:00] 痴女~ちあきの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

痴女~ちあきの場合(3) 

ちあきは女王様然として男の子を叱りつけるつもりで痴漢をさせたのだが、今は計画を変えていた。
「あなた、いつも私のこと見つめていたでしょう」
「は、はい、ごめんなさい」
「別に謝ることないわ、私のこと好きなんでしょう?だから、触ったんでしょう?」
「えっ」
男の子は真っ赤になりながら一瞬絶句したが、
「はい」
と答えた。
ちあきは微笑みを浮べながら、
(『はい』としか答えようがないわよね)
と考えていた。

ちあきは痴漢のスリルとこの子の愛撫をまた味わいたくなっていた。
いくら早熟なちあきでも、普通なら恥かしくて言い出せないこともこの気の小さい年下らしい男の子ならペットのように扱えそうな気がしたのだ。
見た目は平然と、でも内心はドキドキしながら、ちあきは言った。
「今日は突然だったからビックリしたけど、明日から触ってもいいわよ。
 君の触り方、とても上手だったわ。私が濡れていたのわかったでしょう」
男の子はちあきの予期しない言葉に声が出ないくらい驚かされた。
「でも3つ約束してね。まず、このことは誰にも言ってはダメよ。恥かしいから」
ちあきは甘えたような仕草で続けた。
「それに周囲の人に気付かれないようにしてね。
 最後に、パンティの中には指を入れないでね。あくまで下着の上から触ること。
 それだけ守ってくれたら、好きなように触っていいわ。
 今日みたいに気持ち良くしてね。いいかしら?」
男の子は信じられないという表情のまま、
「はい」
と言った。
淫らな妄想にさっきまで萎えていた男の子のペニスは再び勃起していた。
ちあきはそれを見逃さなかった。
「一方的に触られるだけじゃつまらないから、これに触ってもいいかな」
ちあきはズボンの上からペニスに触れた。
生まれて初めて触るペニスの感触はなんとも言えないものだったが、ちあきは余裕たっぷりに慣れた手つきであるかのように装った。
(硬くて柔らかくて不思議な感触ね・・・)

翌朝から二人の痴漢プレイが始まった。

【その4へ続く】


[2009/03/10 06:00] 痴女~ちあきの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

痴女~ちあきの場合(4) 

駅に電車が入ってくると、男の子はピッタリとちあきの後ろに立った。
以前より数本早い電車で、より混雑していた。
電車に乗り込む時には先頭の三角コーナーにちあきが立った。
体の向きはちあきのその日の気分で変わった。
向こうを向いていれば後ろから触れということだし、こちらを向いていれば前から触れということだった。
この日はちあきは向こうを向いて立っていた。
男の子はちあきの後ろに立つとヒップを撫で回し始めた。
何度触ってもこの瞬間、男の子はひどく緊張していた。
口にこそ出さないが実はちあきも同じだった。
一緒に電車に乗っていられる時間は20分ほどだ。
ひとしきりヒップを愛撫した後、スカートの中に手を入れた。
まずはパンティのデザインを手探りで確認する。
中学3年生にしては早熟なちあきは大胆なデザインのパンティを持っている。
今日のパンティも尻たぶが半分はみ出していた。つるつるした感触はシルクだった。
パンティの手触りを楽しんでいると、ちあきの指が男の子の勃起したペニスを揉み始めた。
男の子はそれに負けまいと、いよいよちあきの陰部に触れた。
最初こそ偶然だったが、男の子はちあきの反応と濡れ具合から、どこをどう刺激すればちあきが喜ぶポイントがわかってきた。
下着の上からでもあり、女性器の形状はよくわからなかったが、実はそこがクリトリスだった。
痴漢プレイというシチュエーションも手伝って、10分以上愛撫されたちあきの股間は今日もパンティの上からはっきりわかるほど濡れた。
ちあきは替えのパンティを持って登校するのが習慣になっていた。

電車がターミナル駅に着いた。
痴漢プレイはここまでで、二人はそれぞれ別の路線に乗り換える。
その前に、駅の構内にあるファーストフードで二人仲良く腰掛けながらその日のプレイのダメ出しをするのも日課になっていた。
ちあきからの一方的なダメ出しだったが、男の子は素直にちあきの言葉を受け入れ、翌日のプレイに生かした。
(忠実で最高のペットよね)
コーヒーを飲みながら、ちあきは満足げだった。
「いい子ね。ご褒美に明日はスペシャルサービスしてあげるわね」
ちあきはまた妖しい微笑を浮べて自分の乗る路線の方に歩いていった。

【その5へ続く】

[2009/03/11 06:00] 痴女~ちあきの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

痴女~ちあきの場合(5・完) 

翌朝、ちあきは電車に乗ると三角コーナーにこちら向きで立った。
男の子は実は後ろから触る方が好きだった。
ちあきの無防備なヒップに触るのは最高の気分だったし、ちあきと面と向かうと気圧されてしまうからあまり好きでは無かった。
しかし、それは些細な問題で、きれいなお姉さんが自由に触らせてくれるのは夢のようなことだった。
いつものようにミニスカートの中に手を入れた。
男の子はビックリした。
今までパンティの上からしか触れたことの無かった陰毛に直接触れてしまったからだ。
おそるおそるその周辺に触れ、ちあきがノーパンであることがわかった。
男の子の脈拍は一気に高まった。
男の子の反応を見てにっこりしたちあきは、いきなり男の子のズボンのファスナーを下げた。
そんなことをされたことのない男の子はまたびっくりした。
ちあきは最大限に膨張していたペニスをズボンから取り出すと、握り締めてしごき始めた。
今までそんなことをしたことのないちあきの愛撫は実に稚拙なものだったが、男の子には十分過ぎる刺激だった。
「私のもしっかり触ってよね」
ちあきが男の子の耳元で囁いた。
男の子はあわててちあきの陰部へ愛撫を加えた。
ノーパンのため、いつもと勝手が違ったが、既に濡れそぼっていた谷間からクリトリスを見つけ出すと、ちあきから細かくダメ出しされた内容を思い返しながら、丁寧に最高の刺激を与えた。
二人の相互愛撫はターミナル駅が近付くにつれ刺激を強めていった。
(アアア、イッちゃいそう!)
ちあきは生まれて初めての絶頂を電車で迎えた。
その瞬間、男の子はこれも生まれて初めての射精をした。
二人はお互いを支えながら、その余韻にひたっていた・・・

【完】

[2009/03/12 06:00] 痴女~ちあきの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)