FC2ブログ
最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

広告

リンク
ランキング
DTIランカー
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示

フェロモン~さなえの場合(1) 

「これが惚れ薬か?」
「ああ、そうだよ」
「本当に効くのか? 一体どういう原理なんだ?」
「まあ簡単に言えばフェロモンだな」
「なんともうさんくさいなぁ。そもそも人間はフェロモンなんか出しているのかよ」
「出しているよ、しかも実に大量にね」
「それ、どういう意味?」
「まずそこから説明しよう。人が一日に食べる米を作るために必要な面積はどのくらいだと思う?」
「えっ、……考えてみたことも無いな」
「正解は1坪、畳2畳分だ。年にすると1反=300坪が一人分の米を作るのに必要な面積ということになる。
 約千㎡、50m×20mだな」
「結構広い土地が必要なんだな」
「しかも、これは農業という効率の高い生産方式を前提としている。
 人類史の大半を占める狩猟採集生活だともっと広い面積が必要だ。
 肉食動物だともっと大変で1組のライオンの一家が生きていくのには山手線の中に匹敵するほどの面積が必要だと聞いたことがある」
「豆知識はとりあえずわかったけど、それがフェロモンとどう関係があるんだ?」
「人類という生物種は百万年の間もっとはるかに人口密度が極小な生活環境に合わせて進化を続けてきた。
 農業がメソポタミアで誕生してからまだ1万1千年しかたっていない。
 遺伝子が変異するには短過ぎる。
 人間は本来、現在の都市部のように人口が密集しているところでは生きられるはずのない生物なんだ」
「つまり人口密度が高いことで遺伝子と環境のミスマッチが生じている、ということか」
「そうだ。だから、人間は異性に向けてフェロモンを出しているのだが、今の生活環境ではあまりに溢れ過ぎていて気付かないだけさ。
 多くの動物にある『発情期』を人間が失った理由もこれで説明がつく。『発情期』を失った、のではなく、人間は溢れるフェロモンのために年中『発情期』なのさ」
「なるほど、それで今までフェロモンが『発見』できなかったのか」
「そうだ。そこに気付けばあとは簡単だ。
 空気中の成分を分析し同定したフェロモンを濃縮したのが、この惚れ薬さ」
「わかった、その薬をくれ、試してみたい」

【その2へ続く】
スポンサーサイト
[PR]


[2009/03/13 06:00] フェロモン~さなえの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェロモン~さなえの場合(2) 

俺は「惚れ薬」を手にマッドの研究室を出た。
マッドというのは俺の高校時代の同級生で天才的な頭脳を持った変人だ。
マッドという名前は、もちろん「マッド・サイエンティスト」から取ったあだ名だ。
教授の言うことを聞いて立てていれば良かったのだろうが、そういうことのできる男では無く、才能を惜しまれつつも早々に大学を追い出されていた。
俺は会社を経営している親父に金を出させて自由に研究をさせ、その成果を金儲けや個人的な楽しみに生かしている。

一ヶ月後、再びマッドの研究室に行った。
「おう、あの『惚れ薬』よく効くなあ。すごいぞ!」
「『惚れ薬』? ああ、あれか、そう良かったな」
「相変わらずだな」
マッドは一度完成させたものに対しては急速に興味を失う。いつものことだ。
「それよりも聞いてくれ、今研究しているテーマだがな・・・」
「その話は今度きた時に聞くから、『惚れ薬』をくれ」
「ああ、そうか」
マッドはつまらなそうに惚れ薬の入っているビンを寄越した。

この一ヶ月間で一体何人の女を落としただろう。
あまりに簡単に女を抱けるので途中で数えるのを止めてしまった。
惚れ薬の使い方は完全にマスターした。
マッドの説では、人間のフェロモンは皮膚から分泌されているので、オーデコロンなどと同じように脈を打つ箇所に惚れ薬を塗りつけると、その人間のフェロモンと融合して、天然の数百倍の効果をもつフェロモン様物質となって周囲に漂うのだ。
量や薬の塗り方など試行錯誤を行って最善のやり方を見つけていた。
俺は親父の会社の役員をしているが、ガードが固いことで有名な美人秘書や人妻社員も落とせたし、銀座の高級クラブでお高く止まっているナンバーワン・ホステスも思いのままだった。
唯一の失敗は、風邪を引いて鼻が利かなくなっている女だった。フェロモンは鼻で感じ取るから鼻詰まりでは効果が薄くなるからだ。

だが、俺にとってはそんな女たちは予行演習に過ぎなかった。
俺のターゲットは女子中学生、それも処女を犯すことだった。

【その3へ続く】

[2009/03/14 06:00] フェロモン~さなえの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェロモン~さなえの場合(3) 

その娘を最初に見かけたのは、たまたま朝立ち寄った駅のホームだった。
名門である私立白雪女子学園中学の制服を着て、きれいな黒髪をポニーテールに束ね、可愛らしいメガネをかけ、文庫本を読んでいた。
中学生としては平均ぐらいの身長で、胸は巨乳というわけでは無かったが、制服の上からも膨らみが見て取れた。
チェックのミニスカートから伸びているすらっとした脚は細すぎることも無く男が望む適度な肉感も備えていた。
その清楚なたたずまいに心惹かれた。
いや、きれいごとはよそう。思いっきり犯したくなった。
まだ処女に違いない。
その処女を奪いたかった。
その娘は几帳面な性格らしく、毎日同じ時刻の電車に乗るので、この子の行動パターンをつかむのはたやすかった。
カバンにつけてあるプレートには「Sanae」と書かれていた。
(さなえか、俺が犯してやるぜ)
俺はタイミングをうかがっていた。

「さなえ、帰りに買物付き合ってよ」
「ごめんね。今日中に図書館に本を返さないといけないから」
「本当にさなえは本が好きだね。
 本ばっかり読んでいないで彼氏作ったら。
 さなえ、カワイイからすぐ彼氏できるよ」
「えっ?」
「さなえ、もう中3なのに男の子とデートしたことも無いでしょ」
私は真っ赤になってうつむいてしまいました。
「すぐ赤くなって! ウブなんだから」
クラスメートの言葉に逃げるように教室を出て下校しました。
私の自宅の最寄駅の近くに大きな図書館があり、カウンターで本を返しました。
私は書架をゆっくりと歩き回りながら次に借りる本を探していました。
(あ、この本読みたかったんだ)
私が手を伸ばすと、ちょうど隣にいた男の人と指がぶつかってしまいました。
「ごめんなさい」「ごめんなさい」
お互いに謝りながら相手の顔を見ました。
その瞬間私はドキっとしてしまいました。

【その4へ続く】

[2009/03/15 06:00] フェロモン~さなえの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェロモン~さなえの場合(4) 

その男性は、三十代ぐらいのごく普通の方だったのですが、私の胸のドキドキは止まりませんでした。
それに恥かしい話ですが、アソコからおつゆがあふれてくるのがはっきりとわかりました。
私は男の子と付き合ったことはありませんが、時々ついベッドの中でエッチなことを考えながらアソコを触って濡らしてしまうことがあります。
その時と同じような感じになってしまいました。
私は思わず太腿を擦り合わせてモジモジとしてしまいました。
「どうぞ」
男の人が私に本を譲ろうとしていました。
「・・・いいえ・・・どうぞお先に・・・」
私は顔を上気させながら小声でそれだけ言うのがやっとでした。
「そうかい、悪いね、先に読ませてもらうよ。お詫びに車で家まで送ってあげるよ」
「ありがとうございます」
普通なら男の人の車になんて絶対乗りません。
でも今はすごくエッチな気持ちになっていて、この人と離れたくありませんでした。
男の人に肩を抱かれるようにして車に乗りました。
「顔が真っ赤だけど、どこかで休んでいく?」
そう聞かれて小さくうなずいてしまいました・・・

ホテルに着いた時にはもう歩くのもやっとでした。
アソコから出たおつゆでパンティはびっしょりになってしまい太腿を伝わって流れ落ちていきました。
(ああ、私一体どうしたんだろう・・・)
彼に支えられながら部屋に入りました。
彼は私をベッドに座らせるとキスをしてきました。
正真正銘のファーストキスだったのですが、思わず彼の舌に舌を絡めてしまいました。
後で思い出すと恥かしくてなりません。
もしかすると、そのキスのために私は遊んでいる女の子と思われたのかもしれません。
彼はいきなり私のスカートの中に手を入れてきました。
パンティ越しに私の恥かしいところに触れてきました。
「濡れ濡れだね」
私は恥かしさのあまり両手で顔を隠しながらも彼が触りやすいように脚を広げていました。

【その5へ続く】

[2009/03/16 06:00] フェロモン~さなえの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェロモン~さなえの場合(5・完) 

彼は制服や下着の上から私の感じるところを触ってきました。
私、それだけで絶頂に達してしまいました。
一人エッチをしていた時にも一度だけ達したことがありましたが、その時よりもずっと強烈でした。
荒い息をしながらベッドに横たわっている私から彼は服を剥ぎ取っていきました。
すぐに全裸にされ全身を舐められました。
私の体はどうかなってしまったのでしょうか。
全身のどこを舐められても感じてしまうのです。
特に私の秘密のお豆を舐められた時にはまたイッてしまいました。
彼は私にいろいろなポーズをとらせました。
私は従順な飼犬のように彼の命じる恥かしいポーズをとりました。
まだ誰にもみせたことのなかったアソコを指で広げて奥の方までみてもらいました。
お尻の穴の回りをおつゆでヌルヌルにして彼から言われるがままに指を穴に入れた時には少し痛かったけど感じてしまいました。
何度も達した後、私は四つん這いにさせられました。
そして彼はいきなりそそりたつものを私に挿入してきました。
最初の一瞬は痛かったけど、おつゆで一杯になっていたわたしのアソコは彼のものをすんなり受け入れてしまいました。
彼の腰の動きに合わせて私も腰を振ってしまいました。
どんどんと快感が高まり私はとうとう失神してしまいました。
それからは失神から気付くと、彼が私を犯しているのでたちまち快感が高まり失神してしまうという繰返しでした。
どのくらい時間がたったのかわかりませんが、気が付くと彼の姿はありませんでした。
私はあわててシャワーを浴び、テーブルの上に彼がおいていったらしいお金でホテル代を支払い、家に帰りました。
門限を破ってしまい、両親からひどく怒られましたが、私は快感の余韻でうわのそらでした。

それから彼とは会っていません。
あの恐いほどの快感を思い出すとまたして欲しいとつい思ってしまいます、そう思うたびに恥ずかしさで顔が赤くなってしまいます。
でも不思議なことに、あれだけ強く惹かれたはずの彼の顔が思い出せないのです・・・

【完】

[2009/03/17 06:00] フェロモン~さなえの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)