FC2ブログ
最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

広告

リンク
ランキング
DTIランカー
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示

家出~ゆきのの場合(1) 

僕には、最初、それが何なのかわからなかった。
居酒屋のバイトの帰り。もう、既に十二時を回っていた。
小雨の降る中を、疲れた体で歩き、自分が住む安アパートに着いた時だった。
アパートの二階に上がる階段の下に「何か」がうずくまっていた。
小心者の僕は飛び上がってしまいそうなぐらい驚いた。
だが、すぐにそれが制服を着た少女が座っているのだとわかった。
「ね、ねぇ、キミ」
僕はオドオドしながら声を掛けたが、少女は眠っているらしく反応が無かった。
僕はドキドキしながら少女の肩に触れた。
僕が生まれて初めて女の子の肩に触れた瞬間だった。
少女の制服はかなり湿っていた。
おそらく雨の中を歩いていたのだろう。
肩に触れただけでは、少女は目を覚まさない。
僕は仕方なく少女の肩を揺すった。華奢な体が揺れた。
少女はやっと顔を上げた。
僕はその顔を見てハッとした。
暗がりでもはっきりわかるほどの美少女だった。
「ど、どうしたんだい? こんな所で眠ったりして、危ないよ」
少女は目を伏せると、ゆっくりと立ち上がった。
「ご心配おかけして申し訳ありません。大丈夫ですから」
そう言うと僕に向かって丁寧にお辞儀をした。
僕はその時になって、少女の制服がお嬢様学校として有名な私立白雪女子学園のものだと気付いた。
まだ幼さの残る顔立ちからしても、中学生だろうに、しっかりした挨拶に、さすがは白雪女子のお嬢様だ、と感心してしまった。
少女は制服のミニスカートの裾をはたくと、まだ小雨が降っている道を歩いていこうとした。
僕は反射的に少女の掴んだ。
少女は顔をこわばらせた。
僕自身も自分がそんな大胆な行動を取ったことが信じられ無かった。
僕は慌てながら自分の行為を取り繕うように言った。
「雨の中、傘もささずに歩いたら風邪をひくよ」
少女は困った表情を浮かべた。
その時、僕は自分が何を求めているのか気付いた。
目の前にいる美少女を取り逃がしたくないというよこしまな想いにかられていたのだ。

【その2へ続く】
スポンサーサイト
[PR]


[2009/04/07 06:00] 家出~ゆきのの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

家出~ゆきのの場合(2) 

僕は頭をフル回転させた。そして、
「こんな時間に女の子が一人で外を歩いていたら警察に補導されてしまうよ」
と言った。
この美少女が家出をしてきたのだとヤマを張って脅かしたつもりだった。
「エッ、で、でも・・・」
狙いは当たったようだった。
少女は明らかに落ち着きを失っていた。
よほど家に帰りたくない事情があるのだろう。
「良かったら、朝まで僕の部屋で休んでいかないか?」
自分でも声がうわずるのがわかった。
だが、少女の反応は予想外だった。
じっと僕の顔を見ると、短く、
「はい」
とだけ言った。
その声は先ほどとはうってかわって冷たい響きだった。
少女が逡巡っするだろうと思っていた僕は何と言っていいかわからず、少女の腕を離すと、自分の部屋の鍵を開けた。
「さあ」
そう言うのがやっとだった。
少女は、
「失礼します」
と小声で言いながら部屋に入ってきた。
この部屋に女性を入れるのは初めてのことだった。
僕は緊張で喉がカラカラになっていた。
「僕は外で待っているから、濡れた服は干して、そのベッドで寝ていいよ」
「でも、それでは」
「気にしなくていいよ。僕はカーペットの上で毛布にくるまって寝るから」
そういうと、僕は部屋を出て軒下でタバコを吸った。
ドキドキしてタバコの味もわからなかった。
「どうぞ、入って下さい」
インターホン越しに少女の声がした。
僕が部屋に入ると電気が消されていた。
目を凝らして見ると、少女がベッドに寝ていた。
「すみません」
少女が消え入りそうな声で言った。
「いいよ、おやすみ」
僕は押入れから毛布を出すと、カーペットに横たわった。

【その3へ続く】

[2009/04/08 06:00] 家出~ゆきのの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

家出~ゆきのの場合(3) 

もう時刻は一時を過ぎていた。
少女は、すぐに寝息を立て始めた。
僕はなかなか眠れなかった。
体はへとへとに疲れているのだが、狭い部屋の中に美少女が眠っているのかと思うとドキドキして寝つくことなどできなかった。
暗がりに目が慣れてくると、少女の制服が部屋の片隅に干されていることに気付いた。
制服で隠してはいるが、下着らしきものも見えた。
(裸か・・・)
僕は少女の寝姿を見ながらファスナーを下ろし、カチカチになっているチンコを取り出した。
音を立てないように静かにしごき始めた。
だが、僕の息があらくなってしまうのは避けられなかった。
その時、少女が寝返りをうった。
少女の顔がこちらを向いた。
僕はギクリとしたが、よく見ると少女は熟睡したままのようだった。
僕は少女の美しい寝顔を見ながら、一気にラストスパートをかけ、持っていたタオルの中に精液を放った。
最高の快感を感じながら、そのまま眠りに落ちていった。

僕は窓から入ってくる日の光のまぶしさに目を覚ました。
いつもカーテンを閉めて眠るから、こういうことは滅多にない。
違和感を覚えながら、目を覚まし、自分がカーペットの上で寝ていることで、昨晩のできごとを思い出した。
サッとベッドの方を見ると、布団と毛布がきちんと畳まれている。
少女の姿は無い。
(もう出て行ってしまったのか・・・)
しかし、キッチンの方で物音がした。
(良かった、まだいる)
僕は立ち上がった。
その時、だらしない姿を見せているチンコに気付き、あわててしまい込んだ。
そして何食わぬ顔でキッチンへ行った。
「あ、起こしてしまいましたか、ごめんなさい」
所詮ワンルームだからキッチンといってもごく小さく使い勝手は良くない。
しかし、少女は慣れた手つきで目玉焼きを作っていた。
「いや、大丈夫だよ」
「すみません、勝手に冷蔵庫の中のものを使ったりして」
そう言いながら、少女は微笑んでみせた。
「い、いや、いいよ」
天使の微笑を前に僕は一言言うのがやっとだった。

【その4へ続く】

[2009/04/09 06:00] 家出~ゆきのの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

家出~ゆきのの場合(4) 

僕と少女は仲良く朝食を食べた。
少女もやっとリラックスしてきたようで、昨夜のような硬い表情は見られず、明るく振舞っていた。
あまり女の子と話をした経験も無い僕でも臆することなく話ができた。
彼女の名前が雪乃という古風な名前で、やはり私立白雪女子学園中学の生徒で、三年生であることもわかった。
朝食が終わった。
聞きにくいことだが、そろそろ家出の理由を聞かないわけにはいかない。
僕は椅子に腰掛け、食器を片付けようとする雪乃を制して言った。
「それで、雪乃ちゃん、家出の理由は?」
雪乃の顔から笑顔が消え目を伏せた。
そして、顔を上げると言った。
「お願いです。しばらくこの部屋いさせてくれませんか?」
(エッ!)
僕だって、こんな美少女と一緒に居られたらどんなにいいかわからない。
だが、相手は中学三年生の女の子だし、白雪女子なら間違い無くいい家のお嬢様だ。
このまま部屋にいさせたら、誘拐犯扱いされかねない。
「いや、それはダメだよ」
雪乃はそれには答えず、椅子に座っている僕のところに近付いてくると、ひざまづき僕のジーンズのファスナーを下げた。
予想外の事態にあっけにとられていると、雪乃はトランクスの合わせ目から僕のチンコを引っ張り出し、軽くしごいた。
それとともに雪乃は僕の手を取って自分のオッパイにあてがった。
「ゆ、雪乃ちゃん・・・」
雪乃はまた僕に対してニッコリと天使の微笑を浮かべた。
そして、もう十分に勃起した僕のチンコをパクリとくわえた。
僕にもこれがフェラチオだという知識はあったが、経験するのは初めてだった。
いや、それ以前に僕のチンコを女性に触ってもらったのも初めてだった。
僕のチンコに雪乃の舌が絡み付いて来た。
雪乃が頭を前後させ唇で僕のチンコをしごいた。
僕は両手で雪乃の中学生とは思えない豊かな胸を揉みながら、あっと言う間に限界に達した。
「雪乃ちゃん、いっちゃうよー」
僕は悲鳴に近い声をあげたが、雪乃はチンコを咥えたままスライドのスピードを上げ、トランクスの上から僕の金玉を優しく愛撫した。
「アアア」
僕はたまらず雪乃の口の中に射精してしまった。

【その5へ続く】

[2009/04/10 06:00] 家出~ゆきのの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

家出~ゆきのの場合(5) 

雪乃は何もためらうことなく僕の精液を呑み下した。
それだけではなく、射精直後の敏感なチンコから丁寧に精液を舐め取った。
コトが終わった後、雪乃は僕のチンコをトランクスの中に戻し、ファスナーを上げた。
そして、何も無かったかのように僕に微笑みかけた。
その笑顔は清純そのもので、ついさっきまで絶妙なフェラチオをしていたとはとても思えなかった。
「満足してもらえましたか?」
「ウ、ウン」
雪乃はすっと立ち上がり、僕に向かって深深と頭を下げた。
「お願いです。何でもしますから、この部屋に居させて下さい」
「あ、ああ、いいよ」
これで断れる男などいないだろう。
「好きなだけ居ていいよ。でも、家出の理由だけは教えてくれないか?」
僕にはそれがどうにも気になってならなかった。
雪乃から笑顔が消えた。
あまり言いたくないことなのだろう。
僅かな時間だったが、二人の間に重い沈黙が流れた。
雪乃は意を決したようだった。
「わかりました。まず、これを見て下さい」
雪乃はクルッと後ろを向くと制服を脱ぎ始めた。
僕は雪乃の意図がわからず慌てたが、声にならなかった。
雪乃がブラウスを肩から滑らせ、白い背中が見えた時に、雪乃が言わんとすることがわかった。
少女の背中には、無数のミミズ腫れや小さな火傷の跡、そして縄で縛った跡が刻み込まれていた。
「父にされたんです」

雪乃の話は、驚くべき内容だった。
雪乃は中学一年生の時から、実の父親のセックス奴隷にされていたのだった。

【その6へ続く】

[2009/04/11 06:00] 家出~ゆきのの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

家出~ゆきのの場合(6) 

雪乃の両親は、学生結婚と言えば聞こえはいいが、実際にはできちゃった結婚だった。
幸い両家ともに資産家であったので、何事も無かったかのように結婚の段取りがつけられた。
一人娘の雪乃が小学生の頃は、実に仲のいい家族だった。
それが、2年前に突然破綻を来した。
父親が出張している間に、母親が男の元に走ったのだ。
その男は両親の大学時代の友人だった。
雪乃にとってもショックな出来事だったが、父親にとっては雪乃の比ではなかったようだ。
半狂乱になったらしい。
母親は父親に離婚と雪乃の引渡しを求めたが、父親は応じなかった。
仮に裁判を起こしても日本の法律では男をつくって飛び出した母親の立場は圧倒的に弱い。
2年たってもズルズルと泥沼状態が続いていた。
父親が雪乃に手を出したのは母親が家を出てから一ヶ月ほどしてからだった。
酒に酔った父親は、夕食後甲斐甲斐しく食卓の後片付けをする雪乃に言った。
「雪乃、お前、誰の子だ? 俺の子供じゃないだろう、あいつら二人の子なんだろう!」
そう言いながら中学一年生の娘に襲いかかっていった。

雪乃はその時のことを寂しげな微笑を浮かべながら言った。
「父は泥酔していましたから抵抗しようとすればできたと思います。
 でも、できませんでした。
 私が母親似で父には全然似ていないことは私自身子供心に不思議に思っていましたから、虚を突かれた感じでした。
 それに、父は母の名前を呼びながら私の上に覆い被さってくるのです。
 父のことが可哀想に思えたのです。
 何より、その頃の私は母も父も信じられなくて自暴自棄な気持ちだったから『どうでもいいや』という気持ちだったのが大きいと思います」
雪乃はそこで言葉を切った。
「でも、それがいけなかったのです」

【その7へ続く】

[2009/04/12 06:00] 家出~ゆきのの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

家出~ゆきのの場合(7) 

雪乃は毎朝学校に行く前にフェラチオで父親に御奉仕をさせられた。
父親を射精させられないと学校に行かせてもらえなかったから、雪乃は泣きながら必死でフェラチオを行った。
それが雪乃に絶品のテクニックを身に付けさせるに至ったのだ。
学校に行っている時だけが、雪乃にとって唯一落ち着ける時間だった。
とは言っても、父親は雪乃が下着をつけることを許さなかったから、ノーパン・ノーブラで学校に通っていた雪乃はハラハラさせられてばかりだった。
雪乃はなるべく帰りたくないからギリギリまで学校の図書室にこもっていた。
しかし、それにも限度がある。
雪乃が嫌々ながら家に帰ると、父親が苛立たしげに待っていた。
父親は酒に溺れ仕事にも出ていなかったが、元々資産家であるから生活には困らなかった。
雪乃は家に帰ると、制服姿のまま、また全裸にされ荒々しく犯された。
それも、前戯抜きでいきなり挿入してくるので雪乃はまだ濡れていないアソコが痛くてたまらなかった。
泣きながら許しを願っても、かえって父親の歪んだ欲望を刺激するだけのことだった。
父親が雪乃に何度も精を放ち、もう勃起しなくなると、ぐったりしている雪乃を縛り、ベッドに転がした。
そして雪乃を鞭で打ち蝋燭のロウを垂らした。
雪乃が泣き叫ぶ姿は父親を喜ばすだけだった。
さらに雪乃は痛めつけられた。
そんな毎日が続き雪乃は心身ともに疲れ果てていた。
母親の元に逃げ出そうとしても、金は与えられていなかったし、携帯も取り上げられていたし、電話も切られていた。
何より、母親の住所も電話番号も父親から知らされていなかったから雪乃からは連絡の取りようが無かった。
かといって、中学生の女の子がとても学校の教師に相談できるようなことではなかった。
一日中、父親にいたぶられる休日や夏休みなどの長期休暇は、雪乃にとって文字通り苦痛以外のなにものでもなかった。

そんなある日、突然の出来事に雪乃は狼狽した。

【その8へ続く】

[2009/04/14 06:00] 家出~ゆきのの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

家出~ゆきのの場合(8) 

体の発育に比べて雪乃は初潮を迎えるのが非常に遅れていた。
父親に毎日犯される日々で精神的に参っていたせいもあるのかもしれない。
ある日の帰宅後、そんな雪乃にもとうとう初潮がきた。
一番の相談相手である母親がいない雪乃はひどく狼狽したが、自宅だったのでなんとか対処できた。
もし、学校で下着をつけていない時に生理が始まったらと思うとぞっとした。
だが、もう一つの問題が残っていた。
「お父様、雪乃にも生理がきました」
「それがどうした?」
「お願いですから、今日からは避妊して下さい。そうしないと・・・」
「ほおそうか」
父親は酷薄な笑みを浮かべた。
「そうか、じゃあ、雪乃、お前が今度こそ正真正銘の私の子供を産むんだ」
父親は雪乃をその場に押し倒そうとした。
妊娠だけはしたくない、そういう思いの雪乃は力一杯父親を突き飛ばした。
今まで雪乃に抵抗されたことの無い父親は、いつも通り酔っていたこともあり、虚を突かれたようで、そのまま壁にぶつかった。
雪乃は父親が後頭部を押さえて唸っているのを見て慌てた。
父親の怪我を心配はしたが、もう我慢ができなかったし、このまま家にいたら遅かれ早かれ父親に妊娠させられるのは時間の問題だった。
雪乃は家を出ることを決意した。
長いこと服を買ってもらえなかったら、制服のまま、下着や当面の生活に必要そうなものを学生鞄に詰め込んで家を飛び出した。
急いで駅まで走った。
定期券だけは与えられていたから、自宅から少しでも離れるために駅に行き電車に飛び乗った。
どこへ行くというあても無かったので、途中の駅で電車を降りた。その時にはもう外は真っ暗だった。
友達の家に行くことも考えたが、同級生の家は雪乃の家に劣らず良家ばかりだから、雪乃が家出をしたとわかるとすぐに家に連絡され連れ戻されるのは確実だった。
どうすればいいのかわからないまま、夜の街中を歩いている時に雨が降り出してきた。
そして、僕のアパートのところでうずくまっていたというわけだった。

【その9へ続く】

[2009/04/15 06:00] 家出~ゆきのの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

家出~ゆきのの場合(9) 

「だから、今は生理中なのでエッチはできませんけど、避妊さえしてもらえれば、何しても構いません。
家にいる時には父にいろんなことをされましたから。
 お尻の方が好きなら、そっちでも構いませんよ」
冷たい表情のまま、そう告げる雪乃の言葉に僕のチンコは思わず勃起した。
だが、僕は必死でやせ我慢をした。
「いや、もう何もしなくていいよ」
「えっ・・・やっぱり、ここにおいてもらえないのですか?」
「そうじゃないよ。
僕は雪乃ちゃんのことが好きになってしまったんだよ。
だから・・・」
雪乃は真っ赤になってうつむいてしまった。
あまりにもハードな話を聞いた後なので忘れていたが、雪乃はお嬢様学校の中学三年生だ。
もしかすると、告白されたのも初めてかもしれなかった。

翌日から僕は精力的に動き回った。
雪乃には学校に「体調不良で休む」と電話を入れさせた。
長い日数は無理だが、週末も合わせれば何日か時間が稼げる。
その間に何とかしたかった。
雪乃が自宅から持ってきたタオルについていた髪の毛を持って大学の同級生のコネを使ってDNA鑑定をしてもらった。
最初は渋っていた人達も雪乃の置かれている悲惨な現状の話を聞くと同情してくれ大急ぎで鑑定を行ってくれた。
結果が判明すると、その足で雪乃の家に行った。
父親は髭だらけの顔を見せた。
「えっ、これは本当ですか?」
玄関で来意を告げ、いきなり書類を見せると、父親は目を見張った。
「お疑いなら、関係先の電話番号が記載されていますから、お確かめ下さい」
「そ、そんな・・・私はどうしたらいいのだ、雪乃・・・」
DNA鑑定の結果、雪乃と父親には明らかに親子関係があると鑑定された。
残酷だが、これを告げないことには状況が改善されることは無いから仕方なかった。
放心状態の父親に対して、
「落ち着くまで雪乃さんを預かります。いいですね」
と言うと、父親は力なく頷いた。

【その10へ続く】

[2009/04/16 06:00] 家出~ゆきのの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

家出~ゆきのの場合(10・完) 

「本当ですか?」
部屋に帰り雪乃にDNA鑑定の結果を告げると、雪乃も父親と同じように呆然としていた。
(こういうところは親子だな)
「それじゃあ、私は・・・一体・・・」
雪乃は僕の胸にすがりつき思いっきり泣き出した。
どれぐらいの時間そうしていただろうか。
雪乃はやっと顔を上げた。
「雪乃ちゃん、そういうわけだから、しばらくは実家に帰らなくていいから、どこかの家に世話になってそこから学校に通えばいいさ。
 お母さんのところが一番いいのだろうけど」
雪乃は首を振った。
「嫌なのか。他にあては?」
「ここにいてはいけませんか?」
「えっ?」
今度は僕が驚く番だった。
「私、あなたのこと好きです。
 とても優しくしてくれたし、大事にしてくれたし」
本音を言えば童貞の僕はセックスの自信が無かったから雪乃に指一本触れなかっただけなのだが・・・
抱きついてくる雪乃の甘い香りに僕はもう我慢できなかった。
ベッドに雪乃を寝かせると、キスを交わした。
「私、キスするの、初めて」
雪乃が首に手を回した。
「あっ、コンドームが」
「大丈夫です」
雪乃は恥ずかしげな表情でコンビニの袋からコンドームの箱を取り出した。
「あなたにエッチしてもらいたくて・・・」
真っ赤な顔でそれだけ言うのがやっとだった。
僕は雪乃の服を脱がしながら愛撫した。
雪乃は敏感だった。
僕の舌や指に過剰なくらい反応した。
今までさんざん犯されていながら愛撫を受けたことが無かったから、性感帯への刺激を強く感じるのだろうか。
雪乃の脚を大きく広げさせアソコを舐めると、雪乃は絶頂に達した。
「こんなの初めてです、来て、お願い」
僕のチンコも限界まで膨張していた。
雪乃の中に静かに挿入していった。
「アアン」
雪乃は再び達してしまったようだ。
僕ももう我慢できない・・・うっ・・・

【完】

[2009/04/17 06:00] 家出~ゆきのの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)