FC2ブログ
最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

広告

リンク
ランキング
DTIランカー
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示

テニスウェア~れいなの場合(1) 

「ねえ、れいな、やっぱりクラブ移るの?」
「うーん、まだ決めていないの」
「れいなのコーチはいい人だけど、あいつらが来てから雰囲気よくないし」
「・・・まあね」
放課後に通っているテニスクラブの更衣室で、れいなは同じ年の友だちとそんな話をしていた。
れいなはお嬢様学校として有名な私立白雪女子学園中学の3年生である。白雪女子は、お嬢様学校にありがちな傾向そのままで、ごく一部の運動部は強いが、それ以外は大会でも1回戦突破が目標というレベルだ。だから、娘にスポーツをやらせようという親は、お稽古事の延長で子供の頃からスポーツクラブに通わせる。
れいなも小学生の頃から姉と一緒にこのテニスクラブに通っていた。当初はそれほど熱心だったわけではないのだが、成長が早く体格のいいれいなは、テニスの素質があったらしく大会でも好成績をおさめた。試合に勝つことでテニスが面白くなってきたれいなは真面目に練習するようになり、ジュニアの大会で全国大会でいいところまでいくようになっていた。実力に加えて、アイドル並のルックスとスタイルが注目され、テニス雑誌でも何度も取り上げられていた。
このテニスクラブは今まであまり選手育成に成功していなかった。れいなのコーチにしても人柄はいいが、技術面での指導はレベルが高いとは言い難かった。はっきり言えば、れいなの素質で勝っていたようなものだったのだ。
少し前に、名門のテニスクラブのコーチかられいなに引き抜きの声がかかっていた。れいなの素質なら、きちんとした技術面の指導を行なえばかなりのレベルに達すると見抜いたのだ。しかも、れいなが名家のお嬢様であることを知ると、然るべきルートできちんと両親に申し入れてきた。
両親は、大会での活躍こそ知っていたが、所詮はお嬢様の習い事の延長で考えていた。だから、れいなをプロにさせる気などは全く無かった。だが、本人が望むのなら才能を伸ばすのも悪く無い、と考え、れいな本人に選択を委ねていた。
長年世話になったクラブではあったが、れいなは移籍に心が傾いていた。それは今年から新たにコーチとして入って来た3人組のせいだった。

友人と別れ、白雪女子の制服に着替えた後、移籍のことを考えながら、ぼんやりとクラブハウスの掲示板を見ていたれいなのスカートが捲られた。
「キャー」
「おお、れいなのパンツは白か。さすがはお嬢様だな」

【つづく】


動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト ②
スポンサーサイト
[PR]


[2008/11/13 06:00] テニスウェア~れいなの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

テニスウェア~れいなの場合(2) 

「何をするんですか!」
れいなは制服のミニスカートの裾を抑えた。
「冗談だよ、冗談」
笑いながら3人の若いコーチが夜のコースで教えるためにコートの方に歩いて行った。
この3人組のうちの一人がこのクラブのオーナーの一人息子だった。子供の頃から恵まれた環境でテニスをやっていたにも関わらず、全国レベルの大会に出ることはできなかった。大学を卒業する時にも就職に失敗し、今年の春から親の経営するテニスクラブのコーチになった。性格はともかく見た目はかなりのイケメンので、暇つぶしに来ている奥さんたちには人気があり、そのうちの何人かとは体の関係まであると噂されていた。
れいなたち女子中学生や女子高生をコーチする時にも体に触ってきた。潔癖なれいなはひどく嫌がったが、口ではアレコレ言いながらもイケメンコーチのレッスンを楽しんでいる子もいた。たぶん何人かは遊びでエッチしたりしているのかもしれない。
イケメンコーチ目当てでクラブに入ってくる女性が増えたので、彼は学生時代の仲間2人もクラブのコーチに引き込んだ。いずれも、テニスの腕前はたいしたことはなかったが、負けず劣らずのイケメン揃いだった。
この3人のいやらしい視線をれいなは連日のように感じ、
(移籍しようかな・・・)
という気持ちになっていた。

「れいな、テニスクラブから電話があって、大会に向けての週末の個人特訓だけど、コーチの予定が変わったから、あさって日曜日ではなくて、あした土曜日の2時に屋内コートに来て欲しい、って言っていたわよ。都合が悪ければ、電話が欲しいって」
れいなが家に帰ると、姉から伝言を聞いた。
「ありがとう」れいなは首を傾げた。「別に今週の週末は予定が無いからいいけど・・・珍しいな」
翌日の土曜日の14時、ウェアに着替えたれいなは屋内コートに入ったが、れいなのコーチの姿は無かった。あれっどうしたのかしら、とれいなが考えていると、後ろのドアが閉められる音がした。
振り返ると、そこには例の3人組が立っていた。
「よく来たね。れいなちゃん」
3人はニヤニヤ笑いながられいなを取り囲むように近付いて来た。
れいなは本能的に危険を感じ、逃げ出そうとしたが、3人の男たちに捕まってしまった。
れいなは恐怖に震えた。
「な、何をするんですか・・・」

【つづく】


動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト ①
[2008/11/14 06:00] テニスウェア~れいなの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

テニスウェア~れいなの場合(3) 

「何をするんですか、だと・・・おい、れいな、それはこっちのセリフだ。お前、クラブを移籍するつもりだろう」
「・・・」
れいなに引き抜きの話がきていることはクラブ中の噂になっていた。このクラブのオーナーも看板選手に抜けられては困るので、れいなに「是非、残ってくれ」と懇願したぐらいだから、オーナーの息子であるこのコーチが知っていても当然だった。
「ウチで全国レベルの選手なんてれいなだけだから、辞められると次期経営者である俺が困るんだよ。だから、ここで俺と1セットマッチをやって、れいなが勝ったら移籍OK、俺が勝てばこのクラブに残る、ということではどうかな」
「そんな・・・」
いくられいなが全国レベルとは言っても、中学生女子だ。大学までテニスをしていた成年男子にかなうはずも無い。
「イヤなら、ここでお別れの記念にここで輪姦ビデオを撮影するだけだぞ」
男たちは、テニスウェアの上から、れいなのよく発達した胸や尻を揉んだ。
「イヤー」
そんな姿をイケメンコーチはビデオで撮影していた。
「やめて下さい。試合をしますから!お願い」
れいなはまだ処女だった。こんな連中に輪姦されて処女を奪われるくらいなら、移籍を止めた方がいい。テニスを辞めれば、このクラブに通う必要も無くなる。
「よし。じゃあ移籍をかけて試合をしよう。ただし条件がある。1ゲーム落とすごとに着ているものを1枚づつ脱ぐんだ。それをビデオに取っておく。単なる口約束では、勝手に移籍されかねないからな」
れいなの顔が蒼ざめた。そんなビデオをとられたら、これから先どんあことをされるかわからない。だが、とにかくこの場で輪姦から逃れるには裸を見られることは我慢しなければならない。後は親や警察に訴えて解決してもらおう。
「わかりました」
試合が始まった。第1ゲームはれいなのサービスゲームだったが、ストレートでブレークされた。全く歯が立たない。
れいなはスコートを脱ごうとした。アンダースコートは普段から他人に見られている、いわば「見せパン」だから見られても我慢できる。それでも、スコート無しで試合をするのは考えただけで恥ずかしい。
「待て。誰がスコートを脱げと言った。まずはアンダースコートからだ」
アンダースコートを脱ぐと、短いスコートの下はれいなの生のパンティだけになってしまう。恥ずかしい・・・
「さっさと脱げ!それとも俺たちが脱がしてやろうか」
「いえ、脱ぎます」
れいなは、スコートの中に手を入れてアンダースコートを脱ぎ、コートサイドに置いた。
(パンティが見られちゃう)
れいなは泣き出しそうだった。

【つづく】


動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト ②
[2008/11/15 06:00] テニスウェア~れいなの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

テニスウェア~れいなの場合(4) 

第2ゲームが始まった。今度はれいながレシーブする。普通ならサーブに対応できるように前屈みになって構えるのだが、そんなことをしたら、短いスコートの下の白い生パンティが丸見えになってしまう。それを狙って男の一人はれいなの真後ろでカメラを構えていた。
れいなは後ろからの男の視線を感じ、前屈みの姿勢をとらずに突っ立っていた。ただでさえ、実力差があるのにこれでは男のサーブを受け切れない。またストレートでゲームを奪われた。
「今度はパンティだ」
第3ゲームとなった。れいなは見た目は普通のテニスウェアのままだが、短いスコートの下には何も着けていない。ノーパンなのだ。
れいながサーブを打った。れいなのスコートがまくれるのが、本人にもわかった。
(ああ、見えちゃう)
今まで一度も男性の目に晒されたことのない、れいなの尻と陰毛が3人の男たちの前に露わになった。イケメンコーチはわざとれいなに向けてボディーショットを打った。男が力一杯打ったボールはれいなのおなかを直撃し、れいなはコートで尻餅をついた。
「おー、れいなのオマンコが丸見えだぜ」
れいなは慌てて足を閉じた。
それからもゲームは一方的だった。第3ゲームでウェアを脱がされ、第4ゲームではブラジャー、第5ゲームではスコートを脱がされ、第6ゲームが始まる時点で、れいなはソックスとシューズ以外は全裸にされていた。
テニスでは6ゲームを取ると1セットを取ったことになる。1セットマッチなので、このゲームを落とすと、れいなの負けが確定する。
れいなは両手で乳首と陰毛を隠すのがやっとだった。しかし、第6ゲームはれいなのサービスゲームだ。そのままではサーブもできない。れいなは覚悟を決めてサーブをした。全てをさらけ出しながら。
(早く終わって)
れいなは早くゲームを終わらせて、この場を逃げ出したかった。
イケメンコーチはいやらしい笑みを浮かべ、わざとレシーブをミスしたりした。れいなは4本サーブを打てば終わるはずだったゲームで計8本サーブを打たされた。サーブを打つたびに豊かな胸が揺れるのを男たちに揶揄され、れいなは泣き出していた。
やっと試合が終わった。
れいなは自分のウェアを置いてある所に駆け寄ると下着を身につけようとした。
だが、純白のパンティは男たちに取り上げられた。
「まだ第2セットが残っているだろう」
男たちはコートの上にれいなを押し倒した。

【つづく】


動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト 動画サイト ①
[2008/11/16 06:00] テニスウェア~れいなの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

テニスウェア~れいなの場合(5・完) 

「そんな、約束が違います」
れいなは必死で抵抗しようとしたが、男3人の力にはかなわなかった。口には汗くさいタオルが押し込まれ、悲鳴をあげることもできなかった。両手はロープで縛られ、そのロープはネットの支柱に括りつけられた。
れいなは自分の愚かしさを呪った。よく考えれば、すぐにわかることだった。この屋内コートで待ち伏せされていた時点で、3人組はれいなを輪姦するつもりだったのだ。恥ずかしい格好でテニスをさせられたのは彼らの目を楽しませ興奮させるだけのことだった。
「それではジュニアテニス界のアイドル、れいなちゃんの輪姦ビデオ撮影開始です。汁男優の皆さん、準備はよろしいですか」
「待て待て、突っ込む前にれいなのオマンコのどアップを撮っておこうぜ」
れいなは足を閉じようとしたが無駄な抵抗だった。テニスで鍛えられた美しい足を大きく広げれた。れいなが自分でも見たことのない秘部の奥までがさらされた。男たちの指が先を争うように、れいなの秘部を探った。乾ききっている秘部を乱暴に扱われ、れいなは悲鳴をあげようとしたが、口の中のタオルに遮られた。
「れいなのオマンコ、えらくキレイだな。おい、れいな、お前は処女か」
れいなは可愛い顔を歪めながら頷いた。処女であることを認めることで、自分がこれから受ける陵辱の際に、少しは優しく扱ってもらえることを期待していた。
だが、それは逆効果だった。
「処女か、これだけ可愛くてスタイルが良ければ、処女好きのオヤジに高く売れそうだな。今日はケツの穴のにするか」
「そうだな」
れいなには男たちが交わしている言葉の意味が一瞬理解できなかった。だが、次の瞬間にはそれが現実のものとなった。
れいなは裏返しにされ、コートにうつ伏せにさせられた。
そして、男の指が肛門の中に入って来た。
れいなは、驚きと激痛に体を捩って抵抗しようとしたが、がっちりと抑え込まれた。
「おとなしくしないと、ケツの穴が二度と使いものにならなくなるぞ。一生、ウンコ垂れ流しになりたくないだろう」
れいなはその言葉に恐怖し、じっと動かなくなった。

テニスコートの輪姦パーティーは今始まったばかりだった。

【完】

[2008/11/17 06:00] テニスウェア~れいなの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)