FC2ブログ
最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

広告

リンク
ランキング
DTIランカー
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示

個室~かずねの場合(1) 

学校というのは、無防備な場所だ。敷地が広く何ヶ所もあるし、塀だってそれほど高くはない。
いろいろな事件が起こったせいで、特に私立の学校などは、宣伝効果も狙って、警備員を常駐させたり監視カメラをつけたりしているが、そういう学校に限って校内の警備は甘い。一度中に入ってしまえば何でもありだ。
エッ、俺はどうやって入りこんでいるかって?
もちろん正門から堂々と入っているよ。だって、俺は出入りの学習教材の業者だもの。

俺は校内でじっと獲物が来るのを待っていた。
中等部の校舎の外れなのでほとんど人通りはないが、高等部との連絡口が近いので、中等部と高等部を兼任している教師に用がある生徒が通りがかることがある。
(おっ、これはいいぞ)
高等部の方からやってきた女子中学生の姿を見て俺は内心大喜びをした。
幼な過ぎず、成長し過ぎておらず、いかにも女子中学生といった感じがそそる。
しかも美少女揃いで知られる私立白雪女子学園の中でも間違いなく上位に入る可愛らしさだ。
ヴァージンをレイプするのが目的とはいえ、これだけの美少女なら俺のチンコの勃ち方も一味違うぜ。
俺は外来者用のスリッパを手袋をはめると足音を立てずに、そっと美少女の後ろから近付いた。
悲鳴をあげないように左手で口を覆いながら首筋にスタンガンを押し付けた。高電圧の一撃をくらい美少女はその場に崩れ落ちた。
俺は美少女の身体を抱き上げると、男子トイレの個室に運び入れた。学校のトイレとはいってもさすがに名門女子校だ。キレイに掃除されている。
手早く制服と下着を脱がせ全裸にし、ぬがせた服は汚れないようにビニール袋に入れた。
サディストの俺としては、言葉でなぶりながら一枚ずつ脱がしていきたいところだが、さすがに校内レイプの時にそれは難しい。
(和音ちゃんか)
俺は学生証で名前を確認すると、スーツを脱いだ。
改めて床に横たわっている和音の股間を拡げてみた。
(おお、サーモンピンク、これは間違いなく処女だな)
俺の股間は、と言うと・・・言うまでもないだろう。既に天井を向いている。
(これだけの美少女の顔を隠してしまうのは残念だが)
俺はガムテープで目と口を二重に覆った。これで何も見えないし、大きな声も上げられない。そして両手を後ろに回して両手首をガムテープでグルグル巻きにした。
(さあ、準備完了だな)
俺は和音の顔に水をかけた。

【その2へ続く】


スポンサーサイト
[PR]


[2010/02/12 06:00] 個室~かずねの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)