FC2ブログ
最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

月別アーカイブ

広告

リンク
ランキング
DTIランカー
FC2ブログランキング
RSSリンクの表示

淫指~みどりの場合(2) 

みどりと兄は駅まで並んで歩いて行った。兄と二人で歩くのはほとんど一年ぶりだったので、みどりははしゃぎながらいろいろ話しかけるのだが、兄は心ここにあらずという感じで生返事をするばかりだった。
寂しくなってしまったみどりも駅に着いた頃には黙りこくってしまった。
二人で満員電車に乗り込んだ。兄と体が密着する。みどりはふと子供の頃のことを思い出していた。甘えん坊のみどりは、小学校三年生の時まで一緒にお風呂に入ったり兄に抱きついていたりした。みどりは兄の温もりが心地よかった。
隣駅に着いた。ここで客がかなり入れ替わる。
「おはよう、みどり」
クラスメートが乗り込んできた。名門校の白雪にはかなり広範囲から通学してくるので、この路線に乗ってくるのはみどりと二人だけだった。特に待ち合わせをしているわけではないが、この電車に一緒に乗り合わせることが多い。
「おはよう」
「あら、お兄さんじゃ、ありませんか。お久しぶりです、御無沙汰しています」
クラスメートは驚いていた。みどりの家にもよく遊びに来ていたので面識はある。この一年は兄の受験でみどりが友達を家に招かなかったので、こちらも一年ぶりだった。
「こちらこそ。今月から予備校に通うことになったので、みどりと一緒に電車に乗ることになってね」
兄はさっきまでの不機嫌な表情から一変し、以前の優しい笑顔だった。みどりはホッとした。
クラスメートは兄が一緒にある理由は納得したが、受験で落ちた兄にどう言っていいかわからず、
「ああ、そうなんですか」
とだけ言って、みどりと話し始めた。
みどりは兄とクラスメートに挟まれる形でクラスメートの方を向いて話をしていた。新学年になったので、話題の中心はクラス替えや担任教師の話だった。
(エッ!)
今日は後ろに兄が立っているので痴漢されることは無いと安心しきっていたのだが、いきなり制服のミニスカートの上からお尻を鷲掴みされたのだ。慌てて振り返ると兄が優しげな笑顔を浮かべている。
(まさか、お兄様が痴漢?)
兄はさらにみどりに体を密着させてきた。兄の固くなったものが、みどりに押し付けられてきた。
(間違いない! お、お兄様・・・)

【その3へ続く】



[2010/02/06 06:00] 淫指~みどりの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

淫指~みどりの場合(1) 

春休みの土曜日の夕方、みどりが友達と見に行った映画から帰ってくると、リビングで言い争っている声が玄関まで聞こえた。
「みどり、お帰り」
「ただいま・・・お母様、またお兄様とお父様?」
みどりが小声で聞くと、母親が顔をしかめてうなずいた。みどりは二人の姿を見るのが嫌だったので、そのまま二階の自分の部屋に上がって行った。
(お兄様・・・)
みどりの兄は成績優秀で一流大学へも現役合格確実と思われていたのだが、つい先頃の入試で落ちてしまった。
それ以降、受験失敗を叱責する父とそれに反発する兄の間で言い争いが絶えなかった。
お嬢様学校として有名な私立白雪女子学園中学に通うみどりは、いつも笑顔でとても優しい兄のことが大好きで、兄が高二の時までは、よく一緒に遊びに行っていて、友達からは「ブラコン」とからかわれていたほどだった。
でも大学に落ち父と口論が絶えなくなってからは、兄から笑顔が消え無口になってしまい、みどりは寂しい思いをしていた。

新学期になった。みどりは中等部の三年に進級した。普通なら受験の年なのだが、大学までエスカレーター式の白雪に通うみどりには無縁の話でいつもと変わらない朝だった。
みどりの家では、父はどれだけ忙しくても朝食は家でとる。以前は、慌ただしいながらも談笑の絶えない楽しい時間だったが、今はただただ重苦しい雰囲気の中、皆無言でトーストを頬張っていた。
「ごちそうさまでした、それじゃあ、学校に行ってきます」
と言いながら、みどりが席を立とうとすると、兄が、
「みどり、ちょっと待って、一緒に行こう」
と言った。みどりは一瞬小首を傾げたが、すぐにみどりの通う白雪と兄がこの春から通うことになった予備校が途中まで同じ路線にあることに気付いた。今までずっと違う方向にある学校に通っていたので別々の駅を使っていた。兄と一緒に通学するのは初めてだったのだ。
みどりにとっては大好きな兄と一緒なのは楽しいし、兄が一緒なら満員電車で痴漢されることもなくなるだろう。願っても無いことだった。みどりは、ニッコリとすると、
「はーい」
と言った。だが、なぜかふと妙な胸騒ぎを感じていた。

【その2へ続く】


[2010/02/05 06:00] 淫指~みどりの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンビニ~りょうの場合(6・完) 

わたしはレジに連れて行かれた。そして、レジの操作を見せられた。コンビニのレジの操作自体は難しくない。
「今のが基本だ。これ以外のことは俺たちがやってやるから心配するな」
男は、そう言った後、わたしが震えているのを見て、耳元で囁いた。
「おい、さっきまで真っ青だったのが、今は真っ赤だな。オマンコの中のバイブが気持ちいいのか」
わたしは黙って俯いていたが、実は図星だった。ノーパンのわたしは、バイブレーターが落ちないようにキュッとアソコを締めていたが、そのためにアソコの中の微妙なスポットにバイブがこすれてしまって・・・
わたしは見様見真似でレジを打った。「いらっしゃいませ」と言った後、バーコードを読み取り、お金を受取ってお釣りを返すだけだし、普段から見ていることだから、すぐに慣れた。
でも・・・
なんとか応対ができ、お客さんの切れ目でホッとしていると、突然バイブレーターが動き始めた。それもいきなり最強で!
わたし、もう我慢できずにしゃがみこもうとしたのだけど、腰をつかまれ、
「ちゃんと立っていろ」
と耳元で言われた。わたし、レジのテーブルの縁を掴んで必死で立っていた。
「下をみていたらだめだろう」
そういわれて顔を上げると、バイトが皆こちらを見てニヤニヤしている。
バイブレーターが私の中で暴れている最中にお客さんがレジに来た。
「い、いらっしゃい、ま、ませ」
挨拶も途切れ途切れでお客さんも怪訝な顔している。
「ろ、ろっぴゃく、よ、よんじゅうえん・・・のお買い上げに、な、なります」
「大丈夫かい」
「ええ、この子まだ見習いで慣れていないんで、すみませんね」
横に立っている男がお客さんが買い物した物を袋詰めしながら愛想よく答えた。
「ふーん」
今にもイキそうなわたしの様子を不審げに見ながらお客さんが帰って行きました。
「お願いです。スイッチを切って・・・」
わたしはそう哀願したが、もちろん聞いてももらえなかった。
(ああ、次のお客さんが来ちゃう。お客さんの前でイッたらどうしよう)
わたしは体を震わせながら目を潤ませていた・・・

【完】



[2010/02/04 06:00] コンビニ~りょうの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンビニ~りょうの場合(5) 

その日、コンビニの事務室に入るとわたしは無言で制服を脱ぎ始めた。時々制服を着たままやられることもあるけど、汚されないかと心配するよりは全裸の方が気が楽だ。週に3回も裸どころかアソコの中まで見られているのだから、今更恥ずかしい気持ちも起こらない。
いつものように全部脱ごうとすると、
「今日はスカートとソックスだけ、着ていろ。パンツは脱げよ」
わたしは黙ってうなずいたけど、今日は何か新しいイタズラをされそうで怖かった。
言われた通りスカートとソックスだけになった。胸を隠したりすると、ケリを入れられたりするから、胸は丸出し。こういう格好って裸より恥ずかしい。
「これを着ろ」
コンビニの制服の上着を渡された。こんなことをされるのは初めてだった。ノーブラだけど制服を着ると、それはわからない感じだ。
「これをオマンコに入れろ」
渡されたのはバイブレーターだった。今までにも2~3発射精して飽きてくるとバイブレーターで責められたことがあったから、アソコに入れるのは初めてではなかった。アソコに触って少し濡れてきたところで入れた。
いきなりバイブがわたしの中でうねりだした。ウーン、音は今まで使われたバイブレーターよりずっと小さかったが、どうもリモコン式らしく、男たちの一人がニヤニヤしながら、バイブのON・OFFや強弱の切り替えを繰り返した。
バイブレーターの刺激は強烈でわたしはその場にしゃがみこんじゃった。
そうしたら、男たちの一人が冷たく言い放ったの。
「今日はオマンコにリモコンバイブを入れたままレジ打ちをやってもらう。ちゃんとオマンコを締めておかないと客の見ている前でバイブが落っこちるぞ」
「そ、そんな」
大抵のイタズラには黙って耐えてきたわたしも、真っ青になって思わず声を出してしまった。

【その6へ続く】



[2010/02/03 06:00] コンビニ~りょうの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンビニ~りょうの場合(4) 

犯されている場面をビデオに撮影されたら、もう逆らえない。
わたしは火・木の学校帰りと日曜日、男たちに言われるがままにセックス人形になるしかなかった。
最初はただただ犯されるだけだったが、そのうち、一度に二人の相手をさせられるようになった。フェラチオしながら、バックから入れられた。苦い精液を飲むのは嫌だったけど、中出しされる回数を少しでも減らしたかったので、一生懸命フェラチオをした。
でも、だんだん男たちも飽きてきたみたいで・・・
「いや、お願いだから、そんなの入れないで」
四つん這いにされたわたしが泣きながら頼んでも嘲笑われるだけで、
「うるせえ、ケツの穴に入れられたくなかったら、さっさとオマンコを広げろ」
と言われ、わたし、自分の指でアソコを広げるしかなかった。
「俺たちにやられまくって、もうオマンコ、ガバガバだから、3本ぐらい一度に入りそうだな」
そう言いながら、アイスキャンディーをわたしの中に・・・
「キャー、冷たい」
「暴れると、串が刺さるぞ。お前のオマンコでアイスを溶かせ」
わたしはじっとしたまま泣きじゃくるだけ。そんな姿もまた撮影されている。
「よし、オマンコが霜焼けになるとまずいから、今度は温かい奴をいくか」
今度はフランクフルトを突っ込んできた。少しさめているとはいえ、まだ熱い。アソコの中に冷たいのと熱いのを入れられて、もうおかしくなりそう。

その他にも思いつくままにイタズラをされた。思い出したくもないけど、男たちの見ている前で洗面器にオシッコさせられたり、おでんの玉子をアソコに入れられて手を使わずに出させられたり・・・
制服に思いっきり精液をかけられた時は本当に困ったわ。
でも、一番強烈だったのは・・・

【その5へ続く】



[2010/02/02 06:00] コンビニ~りょうの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンビニ~りょうの場合(3) 

まだ全然濡れていないのに挿入されて痛いだけ。一切無表情でいるつもりだったわたしも顔を歪めてしまったわ。
「おお、やっと反応したな」
少し勘違いしているみたい。一気にアレをスライドさせてあっけなくイッちゃった。
コンドームなしのエッチは初めてだったけど、たくさんの精液がわたしの膣にかけられるのがはっきりわかった。
(ああ、中出しされちゃった・・・)
後はもう同じことの繰り返し、元カレを除く六人にやられちゃった。その間、わたしはずっと天井を見てた。
(早く終わらないかな)
そればっかり考えていた。本当にみんな出すことだけが目的だったみたいで、一人五分もかからない。
やっと全員が終わった。わたしはホッとした。でも・・・
「さて、二巡目いくぞ」
わたしは内心がっくりきた。わたしがぐったりしてされるがままになっていると「ジィー」という音がした。
音の方を向くとわたしがはめられているところを撮影していた。
(いやー)
わたしは手足をばたつかせようとしたが、動かせたのは一瞬だけで、すぐに抑え込まれ、両方の乳首をクリップで挟まれた。
「暴れるな、おとなしくしないと乳首が千切れるぞ」
その言葉にわたしは泣きじゃくりました。男たちはそんなわたしの表情を楽しんでいるかのようで、軽くビンタをしたりして、わたしが怯えるとあの中のアレが一層固くなった。それだけじゃない。元カレがわたしのクリを転がしてくる。これをされると一気に高まってしまう。わたしはさっきとは一変して腰を動かしてしまった。それが男たちを悦ばせるだけだとわかっているのに・・・
再びわたしの中に精液を発射した男たちは、わたしにわたしが身悶えながら何度もイッている映像を見せつけました。
わたしはこいつらの奴隷になり週3回セックス人形になることを誓わされました。

【その4へ続く】



[2010/02/01 06:00] コンビニ~りょうの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンビニ~りょうの場合(2) 

狭い事務所の中にいたのは、わたしよりずっと背の高い大学生や高校生ぐらいの男が4人。
とても逃げられそうもない。わたし、あきらめた。
もうバージンじゃないのだから、別にレイプされたって平気。そう思い込むことにした。
嫌がったり泣いたりしたら、こいつらを喜ばせるだけのような気がしたから、わたし、そのままマグロになることにした。
わたしが全然抵抗しないので、男たちは事務所の床にわたしを寝かせて手足を押さえ付けた。
(そんなことしなくてもやらせてあげるわよ、さっさとしなさいよ)
わたしは男たちを睨みつけながら、そう思っていた。
男たちはまずわたしの胸に触ってきた。
「あまり大きくないな」
「ええ、Bカップとか言っていましたから」
「まだまだ、これから大きくなりそうだな」
いろいろと言いながらわたしの反応を見るけど、全然無視して睨むばかりだからシラケたみたい。
「さっさとやっちまおうぜ」
そう言うと、スカートを捲ってパンツを脱がせました。わたしは必死で平静を装いました。本当はワンワン泣きたいぐらい恥ずかしかったのだけど・・・
「なんだ、こいつオマンコ晒しても平気な顔しているぜ。結構ヤリマンで慣れているんじゃないのか?」
「いや、そんなはずはないんですけどね・・・」
カレ、いやカレだった奴がそんなことを言っている。思い切り睨みつけた。
全部脱がされ4人がかりで体中触られたけど、気持ち悪いだけ。
「全然濡れないな」
当たり前でしょう。
「構わねえ、突っ込んじまえ」
無理矢理入れてきた。

【その3へ続く】



[2010/01/31 06:00] コンビニ~りょうの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンビニ~りょうの場合(1) 

「こんにちは」
「おお、涼、よく来たね」
わたし、涼(りょう)。私立白雪女子学園中学の三年生。カレは高三のお坊ちゃんだけど、大学の付属高で進学はもう決まっているから、コンビニでバイトしているの。お金のためより社会経験のために親から勧められたらしいけどね。デートで使うお金の方がたぶんバイト代よりも多いし。
今日はバイトが終わってからデートする約束。
バージンをあげてから、もう半年たって、最近は時々イクようになって、エッチしたくてたまらなくなっちゃているんだけど、さすがにカレにはそんなことは言えない・・・
でも、カレはすごくエッチがうまいし、会うと大抵3回はするの。
あまり時間は無いけど、たぶん今日もラブホでエッチよ。そう思って新品のパンツはいてきたけど、ちょっぴり濡れてしまって・・・シミになっていたら恥ずかしいな。
「もうすぐ終わるから、事務所に入っていて」
「エッ、いいの?」
コンビニの事務所に入るのって初めて。他のバイトの人達は「これが彼女か」って顔で見ていて、ちょっと照れちゃう。
でも・・・
事務所に入った途端、いきなり後ろから羽交い締めされ、口の中にタオルを無理矢理突っ込まれたの!
あまりのことに何が起こったのか、わたし、わからなかった。
カレが事務所に戻ってきた。それもすごくイヤな笑い方をして。
「おい、ホントにお前の彼女やっちゃっていいのかよ」
「ええ、構いませんよ。女なら他にもいますし。半年前まで処女だったから、テクの無いマグロですから面白くないんですよ。その代わり、例のOLの話お願いしますよ」
「任せとけよ、すごいテクニックで病みつきになるぜ。
 それに、この中学生はみんなで輪姦(まわ)すだけだから、マグロでも構わねえよ」
わたし、目の前が真っ暗に・・・

【その2へ続く】



[2010/01/30 06:00] コンビニ~りょうの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

小悪魔~れいこの場合(6・完) 

それからの僕と玲子の関係は、家庭教師とその教え子というよりも小悪魔とその下僕という感じになっていた。
全ては玲子次第だった。
玲子が望む時には、2回戦はおろか家庭教師の時間一杯3回戦まで求められた。勉強の後に食事を御馳走になっている時に、
「お疲れのようですが」
と聞かれてしまったほどだ。
僕は射精のタイミングすら玲子にいいように操られている。僕がいきそうになっていると見ると、玲子は締め付けを弱め、キスをしてきたり胸を愛撫させたりして巧みに気を逸らさせる。そして自分がイクのに合わせて僕を射精に導いてくれる。

「先生、ごめんなさい。生理が始まっちゃったの」
「そうか、残念だな」
僕はそう言いながらもフェラやパイずりをしてくれるかと思って期待していると、玲子は僕に、
「はい、これさっきまで私が着ていたの。まだ少し温かいでしょう」
と言ってシルクのパンティとブラジャーを手渡した。確かにまだぬくもりがある。
「これ貸してあげるから、先生、オナニーして見せて。男の人がどんなふうにオナニーするのか興味あるの」
僕は絶句したが、玲子の下着の誘惑には勝てなかった。僕はジーンズとトランクスを脱ぐと玲子のベッドに寝た。
もう半勃ちになっている肉棒をシルクのパンティーでしごいた。ツルツルする感触がまたいい。ブラジャーに残る玲子のいい香りを思い切り吸い込むと、興奮は最高潮に達し、あっという間にいきそうになった。
「玲子ちゃん、ああ、いいよ、いきそうだ、ああ」
その時、玲子は僕の手からアレを取るといきなり咥えた。
「あ、いや、そ、それは」
もう間に合わない。僕は玲子の口の中に射精してしまった。しかも、ゴックンしてくれる。今までしてくれなかったのに。
玲子は唇についた精液を指で拭いながら、
「先生のオナニー見ていたら、つい興奮しちゃった。いつも私のこと考えながらしているの?」
小首を傾げながらそう尋ねる玲子の笑顔はたまらなく可愛らしかった。
「ああ、そうだよ」
そう言いながら、僕はイッたばかりのアレが再び勃起してくるのを感じた。
(この小悪魔から離れることなんてできそうもないな)

【完】




[2010/01/29 06:00] 小悪魔~れいこの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)

小悪魔~れいこの場合(5) 

玲子は僕のモノを根元までオマンコの中に挿入させた。結合部分が制服のミニスカートで隠されているのが、より一層興奮させられる。
(あの中で、僕と玲子が繋がっているんだ!)
玲子はゆっくりと腰を回転させ始めた。その間も、玲子はずっと僕を見つめながら小悪魔の微笑を絶やさない。
初体験の僕は玲子にされるがままになっていた。
「玲子ちゃん、気持ちがいいよ」
オマンコの中の襞のざらつく感触が何とも言えない。
「先生、オッパイに触ってもいいのに」
僕は両方の膨らみを鷲掴みにした。
「先生、乱暴にしたらダメよ、これはお仕置き」
そう言いながら、オマンコで僕のアレの根元をクイクイと締めつけた。
「アッ」
僕はひとたまりもなかった。玲子の中に激しく射精をした。それを感じたのか玲子はさらに腰を揺すり、僕は二度三度と精液を噴出させた。
「先生、もしかしたら本当に初めてだったの?」
「・・・うん・・・」
「どう、初めてのセックスの感想は?」
「オナニーより全然良かったよ」
「いつも、どんなふうにオナニーしているの?」
「玲子ちゃんの裸を想像しながら」
「バカねぇ」
玲子はまた唇を重ねてきた。

【その6へ続く】




[2010/01/28 06:00] 小悪魔~れいこの場合 | トラックバック(-) | コメント(-)